フォーカスチェッカー機能を使って撮影した画像のピントを確認する方法(PowerShot G9/A580/A590 IS)



フォーカスチェッカー機能を使って撮影した画像のピントを確認する方法(PowerShot G9/A580/A590 IS)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000041013



対処方法

    人物のポートレート撮影や、被写体が近い場合のマクロ撮影、被写体が遠い場合のズーム撮影などを行うときには、
    より適正なピント合わせが必要になる場合があります。
    お使いの機種では、撮影した画像をカメラのモニターに拡大表示して、ピントの確認をすることができます。

    注意
    • カメラの液晶モニターに表示される項目を選択する場合は、 カメラのボタンを上下左右に操作して行います。
      選択した項目を決定する場合は、 <FUNC./SET> ボタンを押します。
    • お使いの機種によって、表示される画面や設定項目が異なる場合があります。

    1. <モードスイッチ> を <動画> () 以外に合わせて、カメラの <電源> ボタンを押します。



    2. <MENU> ボタン () を押します。


    3. 液晶モニターに以下のような画面が表示されます。



    [撮影] () メニューを選択します。
    [レビュー情報] を [ピント確認] に設定します。
    [撮影の確認] を [ホールド] に設定します。
    設定したら、<MENU> ボタン () を押します。

    ここまでで、ピント確認をするための設定が完了しました。


    4. カメラを被写体に向けて撮影します。


    5. 以下のような画面が表示されます。


    橙色の枠内に表示されている部分が、画面の右下 に拡大表示されます。
    また、撮影したときにピントが合っていた部分には、白色の枠が画面の左上に表示されます。


    6. <ズームレバー> をズーム側 () に回転させると、以下のような画面が表示されます。


    <ズームレバー> を使用すると、表示倍率を変更することができます。
    カメラのボタンを上下左右に操作すると、橙色の枠を移動させることができます。

    ポートレート画像などの場合には、よりカメラに近いほうの目や鼻、輪郭のはっきりした部分でピントの確認を行うことをおすすめします。


    7. 白色の枠が複数表示された場合、<FUNC./SET> ボタン () を押すごとに、右下の表示が切り換わります。


    撮影モードに戻るには、シャッターボタンを半押しします。
    次回撮影時は、撮影後に上記のようなピントを確認する画面が表示されます。ピントを確認する画面のときに <DISP.> () ボタンを押すと、[詳細表示] や [非表示] に切り替わります。なお、[詳細表示] や [非表示] にしたまま撮影モードに戻ると、再度設定 (手順2、3) が必要になります。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PowerShot A590 IS / PowerShot A580 / PowerShot G9

 

[TOP▲]
このページのトップへ