シャッターを自動で切る方法(セルフタイマー,オートシャッター)(PowerShot SX40 HS / SX150 IS)



シャッターを自動で切る方法(セルフタイマー,オートシャッター)(PowerShot SX40 HS / SX150 IS)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000064963



操作方法


シャッターボタンを押さなくても、カメラが自動でシャッターを切る方法を案内します。

重要
  • お使いの機種によって、操作ボタンの位置や形、表示される画面、設定項目が異なる場合があります。


1. カメラの電源を入れます。


2. <十字キー> の下を押します。


3. 以下のような画面が表示されます。

<十字キー> を上下に操作して、[セルフタイマー 10秒] ()、 [セルフタイマー 2秒] ()、 [カスタム] () から設定したい時間を選択します。
選択したら、<FUNC./SET> ボタン () を押します。
参考
  • [カスタム] () を選択した場合、撮影されるまでの時間を0 - 30秒、撮影枚数を1 - 10枚から選んで設定することができます。
設定するには <> ボタンを押して、[時間] と [枚数] を設定します。

以下の撮影モードに設定しているときは、使用できるセルフタイマー機能に制限がありますのでご注意ください。
... 設定可
... 設定不可
... 0秒は設定不可
− ... 撮影モード非搭載
機種セルフタイマー撮影モード
PowerShot SX40 HS 
[時間]
[枚数]
PowerShot SX150 IS 
[時間]
[枚数]



1. カメラの <モードダイヤル> を [SCN] に合わせて、<電源> ボタンを押します。


2. <FUNC./SET> ボタン () を押します。


3. 以下のような画面が表示されます。

<十字キー> を上下に操作して、[撮影モード]* を選択します。

* 設定を一度も変更していない場合は、以下の [撮影モード] が表示されます。
- PowerShot SX40 HS ... [ムービーダイジェスト] (
- PowerShot SX150 IS ... [ポートレート] (


4. 以下のような画面が表示されます。

<十字キー> を左右に操作して、[オートシャッター] () を選択します。
選択したら、<FUNC./SET> ボタン () を押します。


5. <> ボタンを押します。


6. 以下のような画面が表示されます。

<十字キー> を左右に操作して、[スマイル] ()、[ウインクセルフタイマー] ()、[顔セルフタイマー] () の中から撮影モードを選択します。 [オートシャッター] で設定できるモードについては、下記の表を参考にしてください。
<十字キー> を上下に操作して、撮影枚数を設定します。
設定したら <> ボタンを押します。

撮影モード説明補足事項
[スマイル]
シャッターボタンを押さなくても、カメラが笑顔を検出するたびに、自動で撮影します。- カメラが笑顔を検出するたびに、[ランプ(前面)] が光ったあと自動で撮影されます。
- 笑顔が検出されないときは、カメラの方を向いて、歯が見えるように口を開けて笑うと検出されやすくなります。
- 笑顔を検出するたびに撮影し続けるので、撮影が終わったら、他の撮影モードに変えることをおすすめします。
- シャッターボタンを押して撮影することもできます。
[ウインクセルフタイマー]
カメラを人物に向けてシャッターボタンを押したあと、カメラがウインクを検出すると、約2秒後に撮影されます。- 少し長めに、しっかりとウインクしてください。
- 帽子や髪で目が隠れていたり、眼鏡をかけていたりすると、ウインクが検出されないことがあります。
- 両目をつむってもウインクとして検出されます。
- ウインクが検出されないときは、約15秒後に撮影されます。
- 人がいない構図でシャッターボタンを全押ししたときは、あとから構図に入った人のウインクで撮影がはじまります。
[顔セルフタイマー]
シャッターボタンを押した人が構図に入って顔が検出されると、約2秒後に撮影されます。集合写真などで撮影する人も一緒に写したいときにおすすめです。- タイマーがはじまったあとに撮影を中止するときは、<> ボタンを押します。
- 一緒に写る人が構図に入っても顔を検出できないときは、約15秒後に撮影されます。

 

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PowerShot SX150 IS / PowerShot SX40 HS

 

[TOP▲]
このページのトップへ