シャッターを自動で切る方法(セルフタイマー,顔セルフタイマー) (PowerShot SX500 IS / SX160 IS)



シャッターを自動で切る方法(セルフタイマー,顔セルフタイマー) (PowerShot SX500 IS / SX160 IS)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000069990



操作方法


シャッターボタンを押さなくても、カメラが自動でシャッターを切る方法を案内します。



1. カメラの電源を入れます。


2. <十字キー> の下を押します。


3. 以下のような画面が表示されます。

<十字キー> を上下に操作して、[セルフタイマー 10秒] ()、 [セルフタイマー 2秒] ()、 [カスタム] () から設定したい時間を選択します。
選択したら、<FUNC./SET> ボタン () を押します。
参考
  • [カスタム] () を選択した場合、撮影されるまでの時間を0 - 30秒、撮影枚数を1 - 10枚から選んで設定することができます。
設定するには <> ボタンを押して、[時間] と [枚数] を設定します。
メモ
  • 動画ボタンを押して撮影したときは、設定した[時間]で撮影がはじまりますが、[枚数]は反映されません。
  • 撮影枚数を2枚以上にしたときは、明るさや色あいは1枚目の撮影で固定されます。また、ストロボが光るときや撮影枚数が多いときは撮影間隔が長くなったり、カード容量がいっぱいになると自動的に撮影が終わります。
  • タイマー時間を2秒以上にしたときは、撮影の2秒前にランプの点滅(ストロボ発光時は点灯)と電子音が速くなります。


4.静止画を撮影するときは、シャッターボタンを半押しして被写体にピントを合わせ、シャッターボタンを全押しします。
動画を撮影するときは、動画ボタンを押します。
メモ
  • タイマーがはじまったあとに撮影を中止するときは、(<> )ボタンを押します。
  • 戻すときは、手順1 の操作で、[セルフタイマー OFF]() を選びます。


以下の撮影モードに設定しているときは、使用できるセルフタイマー機能に制限がありますのでご注意ください。
... 設定可
... 設定不可
... 0秒は設定不可

機種セルフタイマー撮影モード
PowerShot SX500IS / PowerShot SX160IS
 
[時間]
[枚数]



1. カメラの電源を入れます。


2. <モードダイヤル> を <スペシャルシーンモード> () に合わせます。


3.<FUNC./SET> ボタン ()を押します。


4. 以下のような画面が表示されます。

<十字キー> を上下に操作して、[撮影モード]を選択します(設定を一度も変更していない場合は、[ポートレート] () が表示されます)。
<FUNC./SET> ボタン () を押します。


5. 以下のような画面が表示されます。

<十字キー> を左右に操作して、[顔セルフタイマー] () を選択します。
選択したら、<FUNC./SET> ボタン () を押します。


6. 以下のような画面が表示されます。


参考
[顔セルフタイマー]()を選んだあと、<>ボタンを押してから、<十字キー>の左右を操作して枚数を選び、もう一度<>ボタンを押すと撮影枚数を変えることができます。


7. 構図を決めてシャッターボタンを半押しします。

ピントが合った顔には緑色、それ以外の顔には白の枠が表示されていることを確認します。


8. 以下のような画面が表示されます。

撮影準備に入り[顔が増えたら撮影します]が表示されます。
メモ
ランプ(前面)が点滅し、電子音が鳴ります。

9. 一緒に写る人が構図に入り顔をカメラに向けます。
新しい顔が検出されると、ランプの点滅(ストロボ発光時は点灯)と電子音が速くなり、約2秒後に撮影されます。
メモ
  • タイマーがはじまったあとに撮影を中止するときは、<>ボタンを押します。
  • 一緒に写る人が構図に入っても顔を検出できないときは、約15秒後に撮影されます。
  • シャッターボタンを全押ししたあとは、<>ボタンを押してもズーム倍率は変わりません。


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PowerShot SX500 IS / PowerShot SX160 IS

 

[TOP▲]
このページのトップへ