動画を撮影する方法(PowerShot N)



動画を撮影する方法(PowerShot N)
更新日 : 2013年4月25日
文書番号 : Q000072981



操作方法

動画を撮影する方法を説明します。
重要
  • 長時間の動画撮影を繰り返し行うと、カメラの温度が高くなることがありますが故障ではありません。
  • 動画撮影中に画面のタッチ操作以外をすると、操作音が録音されるので、注意してください。
  • 動画撮影するときは、マイクをふさがないよう注意してください。マイクをふさぐと音声が録音されなかったり、こもった音声で録音されることがあります。マイクの位置は、下の画像を参照して下さい。


2. モードスイッチを<>にします。


3. [AUTO]をタッチします。
参考
モードスイッチを[ ]にすると、1 回の撮影で多彩な静止画を撮影することができます(クリエイティブショットモード)。


4. []か[]をタッチしたり、画面を左右方向に素早くドラッグして、[AUTO]をタッチします。


5.[OK]をタッチして決定します。
メモ
  • カメラを被写体に向けると、シーンを判別するため動作音(カチカチ)がします。
  • 画面の右上にカメラが判別したシーンと手ブレ補正のアイコンが表示されます。
  • 被写体が検出されたときは、枠が表示されてピントを合わせます。


6. 撮りたいものの大きさを決めます。ズームリングをの方向に回すと撮りたいものが大きくなり、の方向に回すと小さくなります。


7. [動画ボタン]()をタッチすると、電子音が「ピッ」と1 回鳴って撮影がはじまります。


8. 撮影が始まり、[液晶モニター] に[撮影時間] と [ 録画] が表示されます。
メモ
  • 画面上下に黒い帯が表示されます。この部分は撮影できません。
  • 人の顔が検出されているときは、枠が表示されてピントを合わせます。
  • 暗いところでは自動的にストロボが光り、画面に[]が表示されます。
  • 撮りたいものの大きさを変えるときは手順6と同じ操作で変えます。ただし、操作音は録音されます。
  • 倍率が青く表示されたときは画像が粗くなります。
  • 撮影中に構図を変えると、ピント位置はそのままで、明るさや色あいは自動的に調整されます。




1. 電源ボタンを押して、電源を入れます。


2. モードスイッチを<>にします。


3. [AUTO]をタッチします。


4. []か[]をタッチしたり、画面を左右方向に素早くドラッグして、[ハイスピード動画] ()をタッチします。


5.[OK]をタッチして決定します。


6. [FUNC.]をタッチします。


7. メニュー項目の[]を選びます。


8. フレームレートを選びます。


9. 設定した項目が表示されます。[動画ボタン]()をタッチすると、電子音が「ピッ」と1 回鳴って撮影がはじまります。
参考
ピント、露出、色あいは[動画ボタン]()をタッチしたときに固定されます。


10. 撮影時間に連動したバーが表示されます。なお、撮影できる時間は、最長約30 秒です。


11. []をタッチすると、撮影が終わります。


フレーム数画質再生時間
(30 秒間撮影したとき)
240 フレーム/ 秒(320 x 240 画素)約4 分
120 フレーム/ 秒(640 x 480 画素)約2 分

メモ
  • 撮影した動画を再生すると、スローモーション再生されます。
  • 撮影した動画は、付属のソフトウェアを使うと、再生速度を変えて見ることができます。「ソフトウェアの使用説明書」を参照してください。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PowerShot N

 

[TOP▲]
このページのトップへ