カメラを購入してすぐに撮影するには?(PowerShot N)



カメラを購入してすぐに撮影するには?(PowerShot N)
更新日 : 2013年4月25日
文書番号 : Q000072999



操作方法

カメラを購入してすぐに撮影する手順は以下のとおりです。


1. の方向にふたを動かして、 の方向へふたを開けます。

2. バッテリーを図の向きにして、バッテリーロックを矢印の方向へ動かし、「カチッ」と音がしてロックされるまで差し込みます。
・間違った向きでバッテリーを入れるとロックされません。必ずバッテリーがロックされる正しい向きで入れてください。

3. ふたを の方向にたおして押さえたまま、 の方向へ「カチッ」と音がするまで動かして閉めます。

4. カメラの電源が切れた状態で<DIGITAL端子>のふたを開き()、付属のインターフェースケーブルの小さいほうのプラグを図の向きにして、カメラの端子にしっかりと差し込みます()。

5. インターフェースケーブルの大きい方のプラグを付属のコンパクトパワーアダプターに差し込みます。

6. コンパクトパワーアダプターのプラグをおこして、コンセントに差し込みます。

・充電がはじまり、USB充電ランプが点灯します。
・充電完了すると、ランプは消灯します。

重要
バッテリーを保護し、性能の劣化を防ぐため、24 時間以上連続して充電しないでください。
メモ
  • 充電中でもカメラの電源を入れると、充電しながら、再生モードで画像を見ることができます。ただし、撮影はできません。また、バッテリーを入れていないとカメラは使えません。
  • 充電したバッテリーは、使わなくても自然放電によって少しずつ残量が減るため、充電は使う前日か当日にしてください。
  • コンパクトパワーアダプターは、AC100 - 240 V 50/60 Hz の地域で使えます。プラグの形状があわないときは、市販の電源プラグ変換アダプターを使ってください。海外旅行用の電子式変圧器は故障の原因になりますので絶対に使わないでください。


1. モニターを開いたあと()、 の方向にふたを動かして、 の方向へ開けます。

2. カードを入れます。
  • カードを図の向きにして、「カチッ」と音がするまで差し込みます。
  • カードは、必ず正しい向きで入れてください。間違った向きで入れると、カメラの故障の原因となります。

3. ふたを閉めます。
ふたを の方向へたおして押さえたまま、 の方向へ「カチッ」と音がするまで動かして閉めます。


1. 電源ボタンを押して、電源を入れます。
[日付/ 時刻]画面が表示されます。

2. 日付/時刻を設定します。

設定する項目をタッチしたあと、[]か[]をタッチして設定します。
[次へ]をタッチします。

3. 自宅のエリアを設定します。

][]をタッチして自宅のあるエリアを選びます。

4. [設定完了]をタッチすると、確認画面が表示されたあと、設定画面が消えます。


2. [AUTO]をタッチします。

  • ]か[]をタッチしたり、画面を左右方向に素早くドラッグして、[AUTO]をタッチします。

  • [OK]をタッチして決定します。

カメラを被写体に向けると、シーンを判別するため動作音(カチカチ)がします。
  • 画面の左上にカメラが判別したシーンと手ブレ補正のアイコンが表示されます。
  • 被写体が検出されたときは、枠が表示されてピントを合わせます。

2. 撮りたいものの大きさを決めます。
ズームリングを の方向に回すと撮りたいものが大きくなり、 の方向に回すと小さくなります。

3. ピントを合わせます。
シャッターリングを浅く押して、ピントが合うと電子音が「ピピッ」と2 回鳴り、ピントが合った位置にAF フレームが表示されます。

4. 撮影します。
シャッターリングを深く押し込みます。
  • シャッター音が鳴り、撮影されます(暗いところでは自動的にストロボが光ります)。
シャッター音が鳴っている間はカメラをしっかり持ってください。
  • 撮影した画像は、次の撮影ができるようになるまでの間だけ表示されます。

メモ
手順1 でモードスイッチを[]にすると、1 回の撮影で多彩な静止画を撮影することができます(クリエイティブショットモード)。

以上で、カメラを購入してすぐに撮影する手順は終了です。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PowerShot N

 

[TOP▲]
このページのトップへ