撮影後の画像の中に日付を写し込む方法



撮影後の画像の中に日付を写し込む方法
更新日 : 2015年4月7日
文書番号 : Q000075017



操作方法

画像の管理や編集をするソフトウェアの [ImageBrowser EX] を使って、撮影後の画像の中に日付を写し込むことができます。
なお、日付が写し込まれた画像は別ファイルで保存されます。

重要
  • ここでの操作は、キヤノンのデジタルカメラ用ソフトウェア [ImageBrowser EX] をインストールし、インターネットを利用したオートアップデートが完了している状態を前提にしています。
  • [ImageBrowser EX]をインストールする方法は製品によって以下のように異なります。
- 付属のCD(DIGITAL CAMERA Solution Disk)から [ImageBrowser EX] をインストールする。
- 付属のCD内に[ImageBrowser EX]がない場合、キヤノンのダウンロードページから[ImageBrowser EX]をダウンロードしてインストールする。
- CDが付属していない場合、キヤノンのダウンロードページからダウンロードした[Digital Camara Software]を使って[ImageBrowser EX]をインストールする。
なお、インストールする際は、お持ちのカメラをご用意ください。
メモ
  • ここではWindows 7を例に操作を説明しています。お使いのOSによっては、画面の表示や操作方法が異なる場合があります。
  • RAW画像に文字を入れることはできません。 JPEG画像に変換してから、文字を入れて下さい。

[ImageBrowser EX] を使って、撮影後の画像の中に日付を写し込む手順は以下のとおりです。

1. 撮影した画像をパソコンに取り込みます。

2. デスクトップのアイコンをダブルクリックして、[ImageBrowser EX] を起動します。

デスクトップ上に[ImageBrowser EX]ショートカットアイコンが見つからない場合、[スタート]()→ [すべてのプログラム]または[プログラム]→[Canon Utilities]→[ImageBrowser EX]の順に開き[ImageBrowser EX]を選択して起動します。
メモ
Macintosh の場合は[Dock] の [ImageBrowser EX] アイコンをクリックします。[Dock] に [ImageBrowser EX] アイコンが見つからない場合は、メニューバーの[移動]から[アプリケーション]を選択し、[Canon Utility] → [ImageBrowser EX] の順に開き、[ImageBrowser EX] を選択して起動します。

3. ImageBrowser EX が起動したら、日付を写し込みたい画像をクリックします。

4. [編集]をクリックし、[文字を挿入する]をクリックします。

5. 「文字挿入」ウィンドウが表示されます。
画像上の任意の場所にカーソルを移動してクリックすると、撮影日時が写し込まれる範囲が表示されます。
  • 撮影日時を入力する範囲は、ドラッグして移動することができます。
[撮影日時の取り込み]をクリックします。

6. 画像に写し込まれる撮影日時が表示されます。
メモ
[アンチエイリアス]にチェックマークを付けると、文字の輪郭線がやわらかくなり、背景の画像になじみます。

7. [名前を付けて保存]ボタンをクリックします。

8. ファイル名、保存先を設定して[保存]ボタンをクリックします。

9. 日付が写し込まれた画像が保存されます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

IXY 620F / PowerShot G7 X / PowerShot G16 / G16 PREMIUM / PowerShot SX510 HS / PowerShot SX400 IS / PowerShot SX170 IS / PowerShot SX60 HS / PowerShot S200 / PowerShot S120 / S120 PREMIUM / PowerShot N2

 

[TOP▲]
このページのトップへ