至近距離の被写体を撮影する際にピントが合わない (PowerShot G7 X)



至近距離の被写体を撮影する際にピントが合わない (PowerShot G7 X)
更新日 : 2014年10月3日
文書番号 : Q000081952



詳細情報

  • このカメラの最短撮影距離はテレ側で40cm、ワイド側で5cmです。*
  • 被写体の距離が近い場合はワイド側での撮影をお試しください。
  • 距離の近い被写体を撮影するときは手ブレしやすいため、三脚などでカメラを固定してください。
*最短撮影距離は撮影モードにより異なります。各撮影モードの撮影距離は下表を参照してください。
撮影モードフォーカスゾーンもっとも広角側()にしたときもっとも望遠側()にしたとき
-5 cm - ∞40 cm - ∞
上記以外[通常](5 cm - ∞40 cm - ∞
[マクロ*1](5 - 50 cm-
[マニュアルフォーカス*1](5 cm - ∞40 cm - ∞
[水中マクロ*2](5 - 50 cm-
[クイック*3](1.5 - 20 m1.5 - 20 m
*1 : 撮影モードによっては、選択できません。
*2 : [] を選ぶと、光学ズーム位置はもっとも広角になり固定されます。
*3 : [] では、被写体が近いときにピントが合わないことがあります。このときは、フォーカスゾーンを[]に設定してください。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PowerShot G7 X

 

[TOP▲]
このページのトップへ