画像がぼやけている、ピントが合わない (PowerShot SX610 HS)



画像がぼやけている、ピントが合わない (PowerShot SX610 HS)
更新日 : 2018年2月9日
文書番号 : Q000083025



対処方法

撮影時に画像がぼやけていたり、ピントが合わなかったりした場合は、以下を確認してください。



  • [ 手ブレ補正 ] を [ 入 ] にする
< > ボタン -> [ 撮影 ] タブ ( ) -> [ 手ブレ補正設定 ] -> [ 手ブレ補正 ] を [ 入 ] に設定します。

  • [ 常時発光 ] ( ) にする
[ ストロボ ] ( ) スイッチを動かして、[ ] を押したあと、[ ] か [ ] を押して [ 常時発光 ] ( ) に設定します。

  • [ ISO感度 ] を高くする
< FUNC./SET > ボタンを押して、メニュー項目の [ ] を選び、設定したい [ ISO感度 ] を選択します。
メモ
[ ISO感度 ] は [ ] モードの時のみ設定できます。

  • 三脚などでカメラを固定する
三脚などでカメラを固定するときは、[ 手ブレ補正 ] を [ 切 ] にして撮影することをおすすめします。



  • [ AF補助光 ] を [ 入 ] にする
[ ] ボタン -> [ 撮影 ] タブ ( ) で、[ AF補助光 ] を [ 入 ] に設定します。

  • 意図しない機能 (マクロ撮影など) が設定されていないか確認する
< マクロ > ボタン ( ) を数回押して、お使いの環境に適した [ フォーカスゾーン ] を選択します。

  • フォーカスロックで撮影する
< シャッターボタン > を半押ししたまま、構図を変えて撮影します。


フォーカスゾーン 最も広角側(W)にしたときの撮影距離 最も望遠側(T)にしたときの撮影距離
[通常] ( 5cm - ∞ 1m - ∞
[マクロ] ( 5 - 50cm -
* ( W ) : < ズームレバー > を < 広角 > 側 ( ) に回して、最も広角側にしたとき (ワイド端)
** ( T ) : <ズームレバー > を < 望遠 > 側 ( ) に回して、最も望遠側にしたとき (テレ端)

以上の方法をすべてご確認の上、ピントが合わないと思われる場合は、カメラの故障が考えられます。
以下ページからお使いのカメラを選択の上、修理をご依頼ください。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PowerShot SX610 HS

 

[TOP▲]
このページのトップへ