シーンにあわせて撮影する方法(PowerShot N2)



シーンにあわせて撮影する方法(PowerShot N2)
更新日 : 2015年2月20日
文書番号 : Q000083212



操作方法

撮影シーンにあったモードを選ぶと、最適な撮影ができるようにカメラが自動的に設定を行います。


2. モードスイッチを<>にします。

3. [AUTO]をタッチします。

以下のような画面が表示されます。

  • ]か[]をタッチしたり、画面を上下方向にドラッグすると、別の撮影モードが表示されます。

  • 撮りたいモードをタッチすると、選んだ撮影モードの説明が表示されます。
[OK]をタッチして決定します。
メモ
]をタッチすると撮影モードを選ぶ画面に戻ります。

4. 以下のような画面が表示されます。

画面の左上に目的の [撮影モード] のアイコンが表示されていれば、設定は完了です。

撮影シーン撮影モード名効果
オートモードで撮る[オート](カメラが被写体や撮影状況を判別するため、シーンに最適な設定でカメラまかせの全自動撮影ができます。
プラスムービーオートモードで撮る[プラスムービーオート](静止画を撮影するだけで、静止画が記録されると同時に撮影直前の約2 〜 4 秒のシーンも動画として記録され、1 日をまとめた短編動画(ダイジェスト動画)ができます。
自分撮りに最適な設定で撮る[自分撮り](自分撮りをするときの明るさや肌がなめらかに見える美肌効果を自分好みに設定にしたり、背景がぼけるように画像処理することで、自分が浮き立つような画像にすることができます。
暗い場所で撮る[ローライト](暗い場所でも手ブレや被写体ブレをおさえて撮影できます。
魚眼レンズのような効果をつけて撮る[魚眼風](魚眼レンズで撮ったようなデフォルメ効果をつけて撮影します。
ミニチュア模型のように撮る[ジオラマ風](指定した範囲の上下をぼかして撮ることで、ミニチュア模型のような効果を つけて撮影します。
トイカメラのような効果をつけて撮る[トイカメラ風](画像の四隅を暗くぼかして、全体の色調を変えることで、トイカメラで撮影 したような効果をつけて撮影できます。
優しい雰囲気で撮る[ソフトフォーカス](ソフトフィルターを使ったような効果をつけて、優しい雰囲気の画像を撮影できます。効果の強さを設定できます。
単色で撮る[モノクロ](画像を白黒、セピア調、青白にして撮影できます。
プログラムAEで撮る]モードいろいろな機能を自分好みに設定して撮影できます。

メモ
  • [ローライト]()モードでは、記録画素数は[]に固定されます。
  • [魚眼風]()、[ジオラマ風]()、[トイカメラ風]()、[ソフトフォーカス]()モードでは、シーンによっては思いどおりの効果が得られないことがあるので、事前に試し撮りをすることをおすすめします。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PowerShot N2

 

[TOP▲]
このページのトップへ