ピントを合わせたい被写体を選んで撮る方法(タッチAF)(PowerShot N2)



ピントを合わせたい被写体を選んで撮る方法(タッチAF)(PowerShot N2)
更新日 : 2015年2月20日
文書番号 : Q000083215



操作方法

目的の人の顔や被写体を選んだり、画面上の位置を指定してピントを合わせ、撮影できます。
重要
  • [撮影モード]によってはタッチAFが使えないものがあります。タッチAFが使えない[撮影モード]は以下になります。
-[自分撮り]()、[魚眼風]()、[ジオラマ風]()、[トイカメラ風]()、[ソフトフォーカス](

1. カメラの <電源> ボタンを押して、電源を入れます。

2. ピントを合わせたい顔または被写体または位置を選び、画面上の人や被写体をタッチします。

- 被写体として認識すると電子音が鳴り、()の枠が表示されます(動いていてもピントを合わせ続けます)。
解除するときは()をタッチします。

5. 撮影します。

  • シャッターリングを半押しすると、()が青色の()に変わり、被写体を追い続けながら、ピントと露出を合わせ続けます(サーボAF)。
  • シャッターリングを全押しして撮影します。

重要
  • タッチすると撮影されるときは、[FUNC.]、[MENU]の順にタッチして[]タブの[タッチシャッター]を[切]にします。
  • 被写体が小さすぎたり動きが速いときや、被写体と背景との明暗差が小さいときは、追尾できないことがあります。
  • [個人認証]を[入]にしていて、登録されている人の顔が検出されたときは、名前は表示されませんが、撮影した静止画には記録されます。ただし、被写体として指定した人が検出された人のときは名前が表示されます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PowerShot N2

 

[TOP▲]
このページのトップへ