ストロボを発光禁止にしているのにランプが光る(PowerShot G3 X)



ストロボを発光禁止にしているのにランプが光る(PowerShot G3 X)
更新日 : 2015年6月23日
文書番号 : Q000084308



対処方法

ストロボを発光禁止にしても、暗いところでシャッターボタンを半押しすると、ピントを合わせるためにランプ(前面)が点灯します。これは、AF補助光という機能です。このAF補助光はピントを合わせるために、点灯しているだけで、撮影時にはストロボは発光しません。
このAF補助光を点灯しないようにすることもできますが、暗いところでピントが合いにくくなる場合があります。
*[撮影モード] によっては、[AF補助光] の[ 切 ]設定ができません。[AF補助光] の[ 切 ]設定可能な撮影モードは本ページ末尾の表を参照ください。

AF補助光を点灯しないようにする手順は以下のとおりです。

1. カメラの <電源> ボタンを押して、電源を入れます。

2. <MENU>ボタンを押します。

3.ズームレバーを動かし[ ]タブを選び、
[ ]か[ ]を押して[ ]選びます。
[ ]か[ ]を押して[AF補助光]を選び[ ]を押します。

4.[ ]か[ ]を押して[ 切 ]に設定します。

設定したら<MENU>ボタンを押して、撮影画面に戻ります。

以下の撮影モードで[AF補助光] の[ 切 ]設定が可能です。
機種AF補助光の設定が[ 切 ]可能な撮影モード
PowerShot G3 X*, *, , , , , , , , , ,, ,
, ,, , , , , , , , , , , , ,
, ,
* 設定できる内容は登録されている撮影モードにしたがう

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PowerShot G3 X

 

[TOP▲]
このページのトップへ