長時間露光で撮影する方法(バルブ撮影)(PowerShot G5 X)



長時間露光で撮影する方法(バルブ撮影)(PowerShot G5 X)
更新日 : 2015年10月16日
文書番号 : Q000085862



操作方法

バルブ撮影は、シャッターボタンを押している間だけ露光を行う機能です。
  • 設定方法は以下のとおりになります。

1. カメラの [ 電源 ] を入れます。

2. モードダイヤルを [ ] に設定します。

3. [ ] ダイヤルを回してシャッタースピードを設定し、[ BULB ] の位置に合わせて、[ ] を押します。

4. 画面の ( シャッタースピード ) に [ BULB ] が表示されます。

5. シャッターボタンを全押しして撮影します。
シャッターボタンを全押ししている間、露光します。露光中は、撮影中は露光経過時間が表示されます。
重要
  • 手ブレを防ぐため、三脚などでカメラが動かないように固定してください。また、三脚などでカメラを固定するときは、手ブレ補正の機能を使わず撮影することをおすすめします。
  • [ タッチシャッター ] を [ する ] に設定しているときは、画面をタッチすると撮影が始まり、もう一度タッチすると撮影が終了します。タッチするときにカメラが動かないように注意してください。
メモ
  • リモート撮影機能またはリモートスイッチ RS-60E3(別売)を使うとシャッターボタンを押すときに発生するカメラのブレを防ぐことができます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PowerShot G5 X

 

[TOP▲]
このページのトップへ