星空と人を一緒に撮る(星空ポートレート)(PowerShot G5 X)



星空と人を一緒に撮る(星空ポートレート)(PowerShot G5 X)
更新日 : 2015年10月16日
文書番号 : Q000085904



操作方法

人と星空をきれいに撮影することができます。
人をストロボ撮影したあと、続けてストロボを発光させずに 2 枚の画像が撮影されます。この 3 枚の画像を合成して星の光を強調処理することで、1 枚の画像として記録されます。

  • 星空と人を一緒に撮る手順は以下のとおりです。
1. カメラの [ 電源 ] ボタンを押します。

2. モードダイヤルを [ SCN ] にします。

3. 撮影画面が表示されたら、[ ] を押します。

4. メニュー項目画面が表示されたら、[ ] か [ ] を押して、画面左上の [ 撮影モード ] ( ) を選び、[ ] を押します。
参考
  • 初期設定状態から変更していない場合は、[ : ポートレート ] モードが表示されます。

5. [ ] か [ ] を押して、画面下の項目から [ : 星空 ] モードを選び、[ ] を押します。

6. 次の画面が表示されたら、[ ] を押します。

7. [ ] か [ ] を押して、画面下のモード選択から [ : 星空ポートレート ] を選び、[ ] を押します。
メモ
  • ズーム位置がもっとも広角になり、固定されます。

8. 画面に表示される指示にしたがい、ストロボを指で持ち上げます。

9. 三脚などでカメラが動かないように固定します。

10. シャッターボタンを押すと、ストロボが発光して 1 枚目が撮影されます。
  • 続けて 2 枚目が撮影され、3 枚目の撮影がはじまります ( 2 枚目、3 枚目はストロボ非発光)。

11. 3 枚目の撮影(最長約 2 秒)が終わるとランプが 3 回点滅しますので、それまでは撮影される人が動かないようにしてください。

12. 1 枚の画像が記録されます。
重要
  • 撮影シーンによっては、思いどおりの効果が得られないことがあります。
  • 街灯などの光が人に当たっているときや、ストロボを上げずに撮影すると、人はきれいに撮影されません。
  • 撮影後に処理を行うため、次の撮影までにしばらく時間がかかります。
  • 手順 11 で撮影される人が動くとブレた画像になるため、撮影中は動かないよう注意してください。
  • ISO 感度は [ AUTO ] に設定されます。
  • 絞りを手動で設定することはできません。
メモ
  • メニュー画面の [ ] タブで、[ 暗所表示 ] を [ 入 ] にして撮影することをおすすめします。
  • 人が思いどおりの明るさにならないときは、調光補正することで適正な明るさになることがあります。
  • 星空が思いどおりの明るさにならないときは、露出補正することで適正な明るさになることがあります。ただし、撮影シーンによっては思いどおりの効果が得られなかったり、手順 11 の撮影時間が最長約 15 秒になるため撮影される人が動かないよう注意してください。
  • 星をより多く、さらに明るく撮影したいときは、メニュー画面の [ ] タブで [ 星の数と明るさ ] を [ 多く / 明るく ] に設定します。ただし、撮影シーンによっては思いどおりの効果が得られなかったり、手順 10 の撮影時間が最長約 8 秒になるため撮影される人が動かないよう注意してください。
  • メニュー画面の [ ] タブの [ 星の強調 ] が [ シャープ ] のときは、星の光を明るく撮影できます。星がたくさんあるシーンで明るい星を強調させたいときは、[ 星の強調 ] を [ ソフト ] にします。明るい星は大きく、暗い星は薄く処理することで、より印象的な画像にすることができます。星の光を強調する処理をしないときは、[ 切 ] にします。

以上で、星空と人を一緒に撮影する手順は終了です。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PowerShot G5 X

 

[TOP▲]
このページのトップへ