画像がぼやけている、ピントが合わない (PowerShot SX420 IS)



画像がぼやけている、ピントが合わない (PowerShot SX420 IS)
更新日 : 2016年10月25日
文書番号 : Q000086890



対処方法

撮影時に画像がぼやけていたり、ピントが合わなかったりした場合は、[ ]モードに合わせてから、ピントが合うか確認してください。
ピントが合わない場合は、以下の対処方法をお試しください。
重要
  • ここでは、[撮影モード] を [プログラムAE] ( )にしていることを前提に説明しています。



  • [ 手ブレ補正 ] を [ 入 ] にする
カメラの電源を入れます。
[ MENU ] ボタンを押して [ ] タブ を選択します。
[ ] か [ ] を押して、[ 手ブレ補正設定 ] を選択し、[ ] か [ ] を押して [ 手ブレ補正 ] を [ 入 ] に設定します。

  • [ : 常時発光] にする
ストロボを持ち上げ、[ ] を押してストロボ設定画面を表示させ、[ ]か[ ]を押して [ : 常時発光 ] に設定します。

  • ISO感度を高くする
[ ] を押し、メニュー項目の [ ] を選び、設定したい [ ISO感度 ] を選択します。
メモ
[ ISO 感度 ] を設定するには、[ 撮影モード ] を以下のいずれかに合わせておく必要があります。
- [ P ] モード、[ : 長秒時撮影 ]*
*[長秒時撮影]は[ ]に変更することはできません。

  • 三脚などでカメラを固定する
三脚などでカメラを固定するときは、[ 手ブレ補正 ] を [ 切 ] にして撮影することをおすすめします。


メモ
[ デジタルズーム ]を [ 入 ] に設定している場合は、[ MENU ] ボタンを押して [ ] を選択し、[ デジタルズーム ] を [ 切 ] にします。

  • [ シャッターボタン ] を半押ししてピントを合わせてから、撮影する
[シャッターボタン]を半押し (浅く押してピントを合わせる) してから、全押し (そのまま深く押して撮影する)します。

撮影距離範囲内に被写体を収めて撮影する
  • [ フォーカスゾーン ] の撮影距離
フォーカスゾーンもっとも広角側 にしたときもっとも望遠側 にしたとき
5 cm - ∞1.4 m - ∞
*0 - 50 cm-
*3.0 m - ∞3.0 m - ∞
* 撮影モードによっては、選択できません。

  • AF補助光を [ 入 ] にする
電源ボタンを押します。
[MENU]ボタンを押して[ ]タブ を選択します。
[ ] か [ ] を押して [ AF補助光 ] を選択し、 [ 入 ] に設定します。

  • 意図しない機能 (マクロ撮影など) が設定されていないか確認する
電源ボタンを押します。
[ ] を押して、お使いの環境に適した [ フォーカスゾーン ] を選択します。

  • フォーカスロックで撮影する
[ シャッターボタン ] を半押ししたまま、構図を変えて撮影します。



  • [ キャッチAF ]
被写体が小さすぎる、動きが速い、被写体と背景との明暗差や色の差が小さいときは、追尾できないことがあります。

  • [ サーボAF ]
- 撮影シーンによっては、ピントが合わなくなることがあります。
- 暗い場所では、シャッターボタンを半押ししても AF フレームが青色にならないときがあります。そのときは、設定しているAFフレームモードでピントと露出を合わせます。

なお、以下ページから修理をご依頼頂くことも可能です。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PowerShot SX420 IS

 

[TOP▲]
このページのトップへ