USBケーブルで接続してバッテリーの充電はできますか?(PowerShot SX730 HS)



USBケーブルで接続してバッテリーの充電はできますか?(PowerShot SX730 HS)
更新日 : 2017年4月7日
文書番号 : Q000090927



付属のバッテリーとコンパクトパワーアダプター CA-DC30 (別売)、インターフェースケーブル IFC-600PCU (別売) を使ってバッテリーを充電します。

  • USB ケーブルで接続してバッテリーの充電する手順は以下のとおりです。

1. の方向にスイッチを動かして、 の方向へふたを開けます

2. バッテリーを入れます
  • バッテリーの端子部を図の位置にして、バッテリーロックを の方向へ動かしたまま、バッテリーを の方向に [カチッ] と音がしてロックされるまで入れます。
  • 間違った向きでバッテリーを入れるとロックされません。必ずバッテリーがロックされる正しい向きで入れてください。

3. ふたを の方向にたおして押さえたまま、スイッチを の方向へ [カチッ] と音がするまで動かして閉めます。

4. カメラの電源が切れた状態でふたを開き ()、インターフェースケーブル (別売) の小さい方のプラグを図の向きにして、カメラの端子にしっかりと差し込みます ()。

5. インターフェースケーブルの大きい方のプラグをコンパクトパワーアダプターに差し込みます。

6. コンパクトパワーアダプターのプラグを ( ) の方向へおこして () コンセントに差し込みます。

7. 充電がはじまり、USB 充電ランプが点灯します。
  • 充電が完了すると、ランプは消灯します。

8. 充電が完了したら、コンパクトパワーアダプターをコンセントから抜き、カメラからインターフェースケーブルを外します。
重要
  • バッテリーを保護し、性能の劣化を防ぐため、24 時間以上連続して充電しないでください。
  • 別のバッテリーを充電するときは、必ずカメラからインターフェースケーブルを外した状態でバッテリーを交換し充電してください。
メモ
  • 充電に必要な時間、フル充電したバッテリーで撮影できる枚数と時間については、[撮影できる枚数・時間、再生できる時間(電池性能)(PowerShot SX730 HS)] を参照してください。
  • 充電中でもカメラの電源を入れると、充電しながら、再生モードで画像を見ることができます。ただし、撮影はできません。
  • USB 充電ランプが点灯しないときは、インターフェースケーブルを一度抜いてから差しなおしてください。
  • 充電したバッテリーは、使わなくても自然放電によって少しずつ残量が減るため、充電は使う前日か当日にしてください。
  • バッテリーチャージャーは、AC100 - 240 V 50 / 60 Hz の地域で使えます。プラグの形状があわないときは、市販の電源プラグ変換アダプターを使ってください。海外旅行用の電子式変圧器は故障の原因になりますので絶対に使わないでください。


  • パソコンを使って充電する。
手順 5 で、インターフェースケーブルの大きい方のプラグをパソコンの USB 端子につないで充電することもできます。パソコンの USB 端子については、パソコンの使用説明書を参照してください。
なお、インターフェースケーブル IFC-600PCU (別売) を使うことをおすすめします。

  • ランプ (背面) が緑色に点滅して充電が始まり、約 4 時間たつと充電が完了します。
  • ただし [パソコンに画像を取り込む] の操作でカメラからパソコンへのデータ転送しているときは、さらに時間がかかることがあります。
  • 充電が完了したあとも、パソコンを接続しているとランプ (背面) は緑色に点滅し続けます。
重要
  • 上記の操作で充電を開始したあとにカメラの電源ボタンを押して電源を切るとカメラのランプ (背面) が消え、充電が停止されます。
  • パソコンによってはカードを入れていないと充電できないことがあります。カメラにカードを入れてから、パソコンの USB 端子につないでください。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PowerShot SX730 HS

 

[TOP▲]
このページのトップへ