iPhoneからカメラをリモート操作して撮影する方法 (PowerShot G1 X Mark III)



iPhoneからカメラをリモート操作して撮影する方法 (PowerShot G1 X Mark III)
更新日 : 2017年10月17日
文書番号 : Q000093123




<Wi-Fi 機能を使ってカメラを操作する>
  • スマートフォンで撮影画面を見ながら、静止画や動画を撮影することができます。
<Bluetooth 機能を使ってカメラを操作する>
  • Bluetooth に対応しているスマートフォンをリモコン代わりに操作して、撮影したり再生する画像を切り換えたりすることができます。撮影時に素早く接続することができたり、テレビに接続して再生の操作をするときなどに便利です。

重要
  • カメラと接続する前に、お使いのスマートフォンに専用のアプリケーション「Camera Connect」(無料)をインストールする必要があります。
  • カメラと 無線接続できるスマートフォンの環境については、関連情報をご参照ください。
  • Camera Connect の画面表示や機能は、改良やバージョンアップのために変更される可能性があります。そのため、画面例や操作説明と異なる可能性があります。
メモ
  • 文中で のイラストで始まる操作手順はスマートフォン操作です。 のイラストで始まる操作手順はカメラの操作です。
  • 接続するには、メモリーカードがカメラに入っている必要があります。
  • カメラを三脚に取り付けるなどしてカメラを安定させてください。
  • iPhone とタブレット端末 (iPad) をあわせて [スマートフォン] と記載しています。
  • 画像送信時、カメラ画面には電波の状態を示す以下のアイコンが表示されます。
-[]強、[]中、[]弱、[]微弱


1. Camera Connectをインストールします。
  • iPhone や iPad では、App Store からCamera Connectを検索してダウンロードし、インストールします。

2. Wi-Fi メニューを表示します。
  • 電源ボタンを押します。
  • ]ボタンを押します。

  • [ニックネームの登録]画面が表示されたら、[ ]か [ ]を押すか[ ]を回して[OK]を選び、[ ]を押します。
*キーボードの使い方については、「文字の入力方法」をご参照ください。

3. [ ]を選びます。
  • [ ]か [ ]を押すか[ ]を回して[ ]を選び、[ ]を押します。
メモ
  • Wi-Fi メニューを使って接続した機器があるときは、Wi-Fi メニューを表示しようとすると、最近接続した接続先名が最初に表示され、[ ]か[ ]を押して項目を選び[ ]を押すだけでかんたんに接続することができます。新しく接続先を登録するときは[ ]か[ ]で機器の選択画面を表示して設定します。
  • [MENU]の[ - 4]タブにある[無線通信の設定]の[Wi-Fi 設定]を選んだあと、[接続先履歴の表示]で[切]を選ぶと、最近接続した機器は表示されなくなります。

4. [接続先の機器の登録]を選びます。
  • [ ]か [ ]を押すか[ ]を回して[接続先の機器の登録]を選び、[ ]を押します。

  • 画面にカメラのSSID とパスワードが表示されます。
メモ
  • [MENU]で[ - 4]タブの[Wi-Fi 設定]を選び、[パスワード]を[切]にすると、SSID の表示画面(手順1-C-4)に[パスワード]が表示されなくなり、手順1-C-5 でパスワードを入力しなくても接続できるようになります。

5.スマートフォンをネットワークに接続します。
  • スマートフォンのWi-Fi に関する設定メニューから、カメラに表示されたSSID(ネットワーク名)を選択して接続します。
  • パスワード欄にはカメラに表示されたパスワードを入力します。

6. Camera Connect を起動します。
  • スマートフォンを操作して Camera Connect を起動します。

  • カメラを認識すると、カメラを選択する画面が表示されます。

7.接続するカメラを選びます。
  • スマートフォンで接続先のカメラを選ぶ画面が表示されたら、カメラを選んでペアリングを行います。

8.公開設定します。
  • この画面が表示されたときは、[ ]か[ ]を押すか [ ]を回して[はい]を選び、[ ]を押します。
  • スマートフォンの操作で、カメラ内の画像の閲覧や取り込み、GPS 情報の記録、リモートライブビュー撮影ができるようになります。

  • 以下の画面が表示されます。

  • スマートフォンと接続後、以下のような画面が表示されます。
メモ
  • 手順2の画面でカメラのニックネームを変えることもできます。

9. リモートライブビュー撮影を選びます。
  • スマートフォンを操作して、Camera Connect で [リモートライブビュー撮影] を選びます。
  • リモートライブビュー撮影の準備ができると、スマートフォンの画面にカメラからの映像が表示されます。
  • カメラの画面にはメッセージが表示され、電源ボタン以外は操作できなくなります。

10.撮影します。
  • スマートフォンを操作して撮影します。
メモ
  • ピントが合うまでに時間がかかることがあります。
  • 通信状態によっては、映像の表示が遅れたり、撮影のタイミングが遅れることがあります。
  • 接続環境によっては、スマートフォンに表示されるカメラからの映像がややぎこちなくなることがありますが、記録される画像に影響はありません。
  • 撮影した画像はスマートフォンには転送されません。スマートフォンを操作して、カメラ内の画像を表示して保存してください。


2.ニックネームを登録します。
  • 電源ボタンを押します。
  • [MENU]ボタンを押します。

  • ]か [ ]を押すか[ ]を回して[ -4 ]タブを選びます。
  • ] か[ ]を押すか[ ]を回して[無線通信の設定]を選び、[ ]を押します。

  • [ ]か [ ]を押すか[ ]を回して[ニックネーム]を選び、[ ]を押します。

  • ]を押して表示されたキーボードでニックネームを入力します。
*キーボードの使い方については、「文字の入力方法」をご参照ください。

  • [MENU]ボタンを押したあと、もう一度[MENU]ボタンを押すと[ 無線通信の設定] に戻ります。

3. ペアリングができる状態にします。
[Bluetooth 設定]を選んだあと、[ ]か [ ]を押すか[ ]を回して[ペアリング]を選び、[ ]を押します。

  • 画面が接続待機の状態になります。

4. Camera Connect を起動します。
  • スマートフォンのBluetooth機能を有効にしたあと、スマートフォンを操作してCamera Connect を起動します。

  • カメラを認識すると、カメラを選択する画面が表示されます。

5.接続するカメラを選びます。
  • カメラのニックネームを選びます。
  • スマートフォンを操作してペアリングを完了させます。

6.ペアリングを完了させます。
  • カメラに確認画面が表示されるので、[ ]か[ ]を押すか[ ]を回して[OK]を選び、[ ]を押します。

  • この画面が表示されたら、、[ ]を押します。
重要
  • ペアリングした後は、節電機能が働いている状態でもバッテリーを消耗するため、カメラを使うときにバッテリーの残量が少なくなっていることがあります。
  • カメラの電源を切っても Bluetooth で通信ができる状態になっているため、電子機器の使用が制限されている場所では、[Bluetooth]を[切]にしてください。

7.Bluetooth リモートコントローラーを選びます。
  • スマートフォンを操作して、Camera Connect で[Bluetooth リモートコントローラー] を選びます。

8.撮影します。
  • スマートフォンの画面が Bluetooth リモートコントローラーの操作画面に切り換わります。
  • スマートフォンを操作して撮影します。
メモ
  • Wi-Fi 接続中は、[Bluetooth リモートコントローラー]を選べません。
  • 画面にある以下のアイコンでBluetooth の通信状態を確認できます。
]接続中、[ ]未接続



関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PowerShot G1 X Mark III

 

[TOP▲]
このページのトップへ