画像に黒枠が付く



画像に黒枠が付く
更新日 : 2016年7月5日
文書番号 : Q000003213



【黒枠が発生する原理】

弊社ドキュメントスキャナには、背景色が[ 黒 ]の機種がございます。
これは、どんな原稿サイズでもサイズを自動検知する為で、背景を黒とし、原稿ふちの白との境界で黒い部分をカットするという処理を行っています。従って、どうしても若干の黒枠が残ってしまうことをご了承下さい。


【発生した場合の対処】

●原稿の端が黒または濃い色の原稿を、用紙サイズ自動検知でスキャンした場合

原稿のふちの白色部と背景の黒との境を切り取っているので、画像が欠けてスキャンされる場合があります。
恐れ入りますが、該当する原稿の場合は、「A4」などスキャナ設定にて「用紙サイズ」を指定してスキャンして下さい。


●通常原稿で黒枠が数ミリ発生する場合

若干の黒枠は発生致します。
これを回避するには、できるだけ原稿サイズを指定し(A4原稿ならばA4など)、スキャナ本体の原稿ガイドを原稿にぴったりと合わせてスキャンしてみて下さい。

また、スキャナ設定やアプリケーション側に「黒枠消し」機能がある場合は、設定することで黒枠部を白く表示させる事ができます。


●原稿が斜行した場合

搬送時に原稿が斜行すると、斜行した幅の分だけ左右に三角形の黒枠が発生します。
スキャナの設定画面で「斜行補正」を有効にした方が黒枠は発生しません。

 

<DR-9080C/7580/6080の場合>

スキャナの設定画面で用紙サイズを「自動検知」にした場合、「詳細設定」画面で、「ガイド板で検知」「画像幅で検知」の選択ができます。ガイド板で検知の場合、スキャナ本体の原稿ガイドを原稿幅より広くしていると、余分な部分は黒くスキャンされます。ガイドを原稿にぴったり合わせるか、「画像幅で検知」を選択して下さい。
(但し、画像幅で検知に設定すると、スキャン速度が若干低下致します)


<DR-5020/5080C/9080C/7580/6080の場合>

ドライバ設定画面の[詳細]より、[マージン]をマイナス側に適度に設定することで、全周の黒枠を削除する事が可能です。
但し、画像を削り取る設定ですので、サイズが若干小さくなります。



 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

DR-C125 / DR-C130 / DR-C225W / DR-C240 / DR-M140 / DR-M160 / DR-M160II / DR-M1060 / DR-P208 / DR-P208II / DR-P215 / DR-P215II / DR-150 / DR-1210C / DR-2050C / DR-2050CII / DR-2050SP / DR-2080C / DR-2010C / DR-2510C / DR-2580C / DR-3010C / DR-3020 / DR-3060 / DR-3080C / DR-3080CII / DR-4010C / DR-4080U / DR-4580U / DR-5010C / DR-5020 / DR-5080C / DR-6010C / DR-6030C / DR-6050C / DR-6080 / DR-7080C / DR-7090C / DR-7580 / DR-9050C / DR-9080C / DR-G1100 / DR-G1130 / DR-X10C / Flatbed Scanner Unit 101

 

[TOP▲]
このページのトップへ