DR-9080CとDR-5080Cの違いは?



DR-9080CとDR-5080Cの違いは?
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000003226



項目 DR-9080C DR-5080C(販売終了)
発表 2003年9月30日 2000年10月19日
発売 2003年10月20日 2000年10月26日
2003年9月30日販売終了
給紙スピード(200dpi/A4) 白黒2値 90枚/分 白黒2値 50枚/分
グレースケール 90枚/分 グレースケール 30枚/分
カラー 50枚/分 カラー 10枚/分
解像度 600dpi 光学:300dpi 出力:400dpi
インターフェース USB2.0/SCSI3 SCSI2
最大読取幅 幅55〜305mm
長さ70〜432mm
幅55〜297mm
長さ70〜432mm
対応紙厚 非分離給紙時:0.05〜0.3mm 手差し給紙時:0.05〜0.2mm
自動シェーディング機能 スキャン作業毎に自動シェーディング なし(サービスによる調整)
画像回転機能 文字方向を認識し、正方向に回転 なし
超音波重送検知機能 あり なし
スムージング機能
(カラー読取時のモアレ抑制)
あり なし
マルチストリーム機能
(一度の作業で2つの読取モードの画像をスキャン)
あり なし
ステイプル検知機能
(ステイプルされた原稿を誤ってスキャンした際に、跳ね上がりを検知して動作をストップさせる)
あり なし
黒枠消し機能 あり なし
白紙スキップ機能 あり なし
同梱ソフト Capture Perfect 2.0 Scan Utility 5000/PixUtil
バーコード読み取り オプションのバーコードモジュール(3万円)をスキャナドライバに読み込ませる形式 オプションのバーコードデコーダ(13万円)を利用
給紙ローラー交換 25万枚を目安にユーザー交換
(ローラーキット:1.5万円)
サービス対応
ファンクションキー
(スキャナ側のキーに読取モードを記憶させる)
なし あり
搭載メモリ 標準:384MB 標準:64MB
オプション:128MB
寸法 幅460mm×奥行525mm×高さ312mm 幅427mm×奥行485mm×高さ262mm
重量 25キロ 20キロ
価格 112万円 112万円


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

DR-5080C / DR-9080C

 

[TOP▲]
このページのトップへ