手差し(非分離給紙)とはどういう機能ですか?



手差し(非分離給紙)とはどういう機能ですか?
更新日 : 2016年9月2日
文書番号 : Q000003228



給紙部の二つの大きなローラは原稿を給紙する際、複数枚の原稿を分離させるために、溝の付いた搬送用ローラの回転と同じ方向にもう一方のローラ(リタードローラ)が回転します。

しかし、スキャナドライバの給紙オプションを[手差し(非分離給紙)]モードにする、あるいは本体の分離モード切替レバーを非分離側に切り換える、あるいは本体の[Bypass Mode]ボタンを押すと、自動的にリタードローラーが逆方向に回転し、薄紙、厚紙原稿の搬送性が良くなります。

但し、手差し(非分離給紙)モードは、1枚ずつ原稿を手差しする為、連続給紙はできませんのでご注意下さい。



 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

DR-C125 / DR-C130 / DR-C225W / DR-C240 / DR-M140 / DR-M160 / DR-M160II / DR-M1060 / DR-P208 / DR-P208II / DR-P215 / DR-P215II / DR-150 / DR-1210C / DR-2050C / DR-2050CII / DR-2050SP / DR-2080C / DR-2010C / DR-2510C / DR-2580C / DR-3010C / DR-3020 / DR-3060 / DR-3080C / DR-3080CII / DR-4010C / DR-4080U / DR-4580U / DR-5010C / DR-5020 / DR-5080C / DR-6010C / DR-6030C / DR-6050C / DR-6080 / DR-7080C / DR-7090C / DR-7580 / DR-9050C / DR-9080C / DR-G1100 / DR-G1130 / DR-X10C / Flatbed Scanner Unit 101

 

[TOP▲]
このページのトップへ