CISとCCDの違いは?



CISとCCDの違いは?
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000003264



■画質の違い

一般的にCCDタイプのほうがCISタイプに比べて高精度、高画質といわれますが、最近の製品では立体物や凹凸があるものでなければ、画質の差はあまり感じられません。

但し、CCDタイプのほうが原理的に被写界深度が深い(ピントのあう範囲が広い)ため、スキャンする原稿の表面に数ミリ程度の凹凸があっても問題なく読み取ることが出来ます。
かたや、CISタイプでは原稿に凹凸があると、陰になる場合があるので、必然的に原稿を読み取りガラスに密着させる構造となっています。
従って、誤まってクリップやステイプルのついた原稿をスキャンすると、ガラスに傷が付き、画像に黒線が入りますので、充分ご注意下さい。

また、CCDタイプは1点から原稿幅全体をスキャンし、CISタイプはLEDの目を沢山持ち、各々の読取幅が決まっているため、原理的にスキャン画像のブレはCISの方が少ないと言えます。


■構造の違い

CISタイプはキャリッジを構成する部品がCCDタイプに比べて少なくてすむため、スキャナ本体を薄く、軽くすることが出来ます。

CISタイプは光源にLEDを使用しているため、消費電力が少なくてすみますが、CCDタイプは蛍光ランプを利用するため、CISタイプに比べて消費電力は大きくなってしまいます。



 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

DR-P215 / DR-150 / DR-1210C / DR-2050SP / DR-2050CII / DR-2050C / DR-2080C / DR-C125 / DR-C130 / DR-2010C / DR-2510C / DR-M140 / DR-2580C / DR-M160 / DR-3010C / DR-3020 / DR-3060 / DR-3080CII / DR-3080C / DR-4010C / DR-4080U / DR-4580U / DR-5010C / DR-5020 / DR-5080C / DR-6010C / DR-6030C / DR-6050C / DR-6080 / DR-7080C / DR-7090C / DR-7580 / DR-9050C / DR-9080C / DR-X10C / Flatbed Scanner Unit 101

 

[TOP▲]
このページのトップへ