SCSI接続時にスキャナが認識されない



SCSI接続時にスキャナが認識されない
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000003529



パソコンにスキャナが認識されない場合、以下詳細をお試しください。

※DR-1210C/2050C/2580CはSCSI接続に対応しておりません。



詳細情報:
  1. ドライバの選択
  2. 電源の入れ直し
  3. SCSIボードの差し直し・SCSIケーブルの変更
  4. ASPIマネージャの再インストール(WindowsNT4/2000/XP)
  5. SCSI IDとターミネータの確認
  6. SCSI機器の順番の入れ替え
  7. SCSIボードドライバの再インストール

【詳細1】ドライバの選択

まず、使用するアプリケーションでスキャナは正しく選択されていますでしょうか?
アプリケーションによって異なりますが、[スキャナの選択]や[デバイスの選択]などから、ご使用製品のスキャナを正しく選択されているかご確認下さい。

戻る

【詳細2】電源の入れ直し

パソコンとスキャナの電源を落とし、パソコンとスキャナを接続し直した後、再度電源をスキャナ→パソコンの順に入れ直して下さい。

戻る

【詳細3】SCSIボードの差し直し・SCSIケーブルの変更

弊社推奨のAdaptec社製SCSIボードをお使いですか? 
推奨外の場合、動作しない可能性があります。
また、SCSIボードを差し直したりスロットを変える事により、改善される事がありますので、SCSIボードやPCのマニュアルを参照し、SCSIボードを正しく取り付けて下さい。
また、SCSIケーブルの内部断線やピン折れ、差し込み不充分など物理的な問題もございますので、ケーブルを差しなおす、代えるなどもご確認下さい。

戻る

【詳細4】ASPIマネージャの再インストール(WindowsNT4/2000/XP)

WindowsNT4.0/2000/XP(※DR-3020はXP環境での使用は保証外となります)の場合、
推奨SCSIボードメーカーであるAdaptec社が提供するASPI(アスピ)レイヤーが正しく
インストールされていない可能性があります。
以下の方法でASPI(アスピ)をダウンロード、及びインストールして下さい。

Adaptec社のダウンロードサイトより、Windows ASPI drivers version v4.71.2をダウンロードし、保存ファイルを実行し 解凍するとAdaptecフォルダが作成されます。ASPIフォルダ内のaspiinst.exeを実行します。正常にインストールが終了したらPCを再起動します。

戻る

【詳細5】SCSI IDとターミネータの確認

SCSI IDは0〜7が設定出来ますが、通常「7」はSCSIホストアダプタに割り当てられていますので、使用しないで下さい。
また、起動用のSCSI接続のハードディスクが内蔵されている場合、通常「0」に割り当てられていますので、同じく使用しないで下さい。
尚、他のSCSI機器がパソコンに接続あるいは内蔵されている場合は、IDが重ならないようにご注意ください。

また、デイジーチェーンの終端に接続するSCSI機器にはターミネータを接続します。ターミネータ機能を内蔵するSCSI機器の場合は、ターミネータ機能を有 効にしてください。

戻る

【詳細6】SCSI機器の順番の入れ替え

デイジーチェーン接続(複数のSCSI機器をパソコンに接続している)の場合、 スキャナ以外のSCSI機器を一旦取り外し、スキャナのみを接続して動作をご確認ください。
動作が確認できたら、機器の順番を入れ替えて接続をお試しください。
基本的に動作保証する形態は、デイジーチェーンでは2台まで、DRスキャナはなるべく終端に接続するようにして下さい。

戻る

【詳細7】SCSIボードドライバの再インストール

SCSIボードドライバを最新バージョンに更新して下さい。
尚、 SCSIボードの最新ドライバは、各SCSIボードメーカーのホームページや相談窓口で確認して下さい。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

DR-2080C / DR-3020 / DR-3060 / DR-3080CII / DR-3080C / DR-4010C / DR-4580U / DR-5010C / DR-5020 / DR-5080C / DR-6080 / DR-7080C / DR-7090C / DR-7580 / DR-9080C / DR-X10C

 

[TOP▲]
このページのトップへ