DR-3080C機種仕様



DR-3080C機種仕様
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000003537



詳細情報:
  1. DR-3080C基本仕様
  2. DR-3080C/3060動作環境
  3. DR-2080C/3080C/3080CII/3060オプション
  4. DR-3080CII/3080C/3060搬入・保守

【詳細1】DR-3080C基本仕様

DR-3080C

価格:\498,000
(税別)
商品コード:6898A001AG
発表日:2001/04/11
発売日:2001/04/18
販売終了日:2004/9/6

型式 卓上型シートスルー方式
給紙方式 標準 アプリケーションソフトで読み取りを開始すると、スキャナにセットされている原稿を読み取ります。すべての原稿が給紙されると読み取り動作が終了します。
手差し 一枚ずつ原稿を手差しで給紙し読み取ります。
パネル アプリケーションソフトで読み取りを開始すると、スキャナにセットされている原稿を読み取ります。
すべての原稿が給紙された後も、新しい原稿をスキャナにセットし、スキャンパネルのスタートボタンをクリックする事により続けて読み取りを行なう事が出来ます。
自動 アプリケーションソフトで読み取りを開始した後、スキャナに原稿をセットすると自動的に検知されて給紙され、読み取りが行われます。
対象原稿 大きさ 幅:55mm〜257mm(自動給紙方式を使用する場合 70mm〜257mm)
長:70mm〜364mm
厚さ 標準/パネル/自動給紙: 0.06〜0.15mm
手差し給紙: 0.05〜0.20mm
特殊原稿 NCRペーパー(感圧紙):可、バインダ用開穴紙:丸穴のみ可、裏カーボン紙:不可
トレー積載量 最大10mm 約100枚(80g/平方メートル紙)
センサ コンタクトセンサ(CMOS CIS)
光源 表 : 3色(RGB)1ラインLEDアレイ 裏 : 黄緑1ラインLEDアレイ
読み取り面 片面/両面(カラーでの読取は表面のみ。裏面は、256階調グレースケールで読取ります。)
読み取りモード 白黒、テキストエンハンスト、誤差拡散、256階調グレースケール、24bitカラー
  *ミックスモード:24bitカラーで両面を設定した場合、表面を24bitカラー、裏面を256階調グレーで読取ります。
解像度:読み取りスピード

注*1

白黒、誤差拡散 片面:300x150dpi:40ppm 200x200dpi:30ppm 240x240dpi:25ppm 300x300dpi:20ppm
両面:300x150dpi:80ipm 200x200dpi:60ipm 240x240dpi:50ipm 300x300dpi:40ipm
256階調グレースケール 片面:300x150dpi:40ppm 200x200dpi:30ppm 240x240dpi:25ppm 300x300dpi:20ppm
両面:300x150dpi:74ipm 200x200dpi:60ipm 240x240dpi:50ipm 300x300dpi:38ipm
24bitカラー 100x100dpi:20ppm 200x200dpi:10ppm
ミックスモード 100x100dpi:40ipm 200x200dpi:20ipm
画像圧縮 なし
インターフェース SCSI-II(形状:D-Subハーフ50ピン、Fast SCSI対応)
ドライバ ISIS、TWAIN
ドロップアウトカラー 表面のみドライバから赤、緑、青に切替え可能。
*LED波長:赤(640nm)、緑(525nm)、青(470nm)、
ユーザー登録機能 基本設定、スキャン領域設定、詳細設定をユーザー設定として、20個まで登録可能。
マージンスキャン スキャン領域の上下左右を±10mmの範囲で調整可能。
その他機能 プレスキャン機能、白紙スキップ機能、スキャンパネル
斜行補正、自動用紙サイズ検知、自動紙厚調整
電源 100V 50/60MHz
消費電力 スキャナ読取り中:最大50W
騒音 70dB以下
使用環境 温度 10〜32.5℃ : 湿度 20〜80%RH
外形寸法 給紙トレイ閉じ W:344mm H:191mm D:278mm
給紙トレイ開き W:344mm H:244mm D:555mm
重量 約8.1Kg

※参考

  • 測定条件 CPU:PentiumII266Mhz以上(モノクロ時)400Mhz以上(グレースケール/カラー時)
    メモリ:128MB以上 SCSIカード:AHA-2940AU アプリケーション:TestApp(ファイル記録まで含まない)
    原稿:A4縦(CCITT-1)
  • 本体の読み取りスピードは、アプリケーション、スキャナの各種モードの設定、PCの性能などにより異なります。

※使用するドライバやアプリケーション、PCによって上記仕様が実現出来ない場合があります。

戻る

【詳細2】DR-3080C/3060動作環境
DR-3080C/3060動作環境
PC IBM PC/ATまたは互換コンピューター
CPU Intel Pentium II266MHz以上(白黒スキャンをする場合)
グレースケールまたはカラーでスキャンする場合は、Intel Pentium II400MHz以上を推奨
インターフェース SCSI-II
OS Microsoft Windows95/98/Me/2000Professional/NT4.0Workstation/XP
最小メモリ 128MB以上を推奨
ディスプレイ XGA以上の表示が可能なディスプレイ
CD-ROMドライブ 必須
HD空き容量 100MB以上の空き容量
戻る

【詳細3】DR-2080C/3080C/3080CII/3060オプション
オプション
商品名 商品コード 価格 備考
キヤノンネットワーク スキャニングアダプタ「NSA-01」 8156A001

95,000円

2005年秋:販売終了
戻る

【詳細4】DR-3080CII/3080C/3060搬入・保守

<搬入設置料金>

商品名 搬入料金 設置作業料金 備考
DR-3080C/3080CII 2,000円 5,000円 DR-3080C,3080CII,3060の設置作業には、スキャナドライバのインストール作業も含まれます。
DR-3060 2,000円 5,000円
CapturePerfectインストール料金   2,500円

 

訪問料金 備考
10,000円

訪問料は1訪問1人1回の料金です。

 

<保守>

●無償保障期間中(1年間) : 訪問修理

●無償保障期間経過後

1)CSP(キヤノンサービスパック:複数年保守契約)〜DR-3080CIIのみ対象

対象製品名

タイプ 月間想定スキャン枚数 3年 4年 5年
商品コード 料金(税別) 商品コード 料金(税別) 商品コード 料金(税別)
DR-3080CII タイプC 10000枚 7950A170 98,000円 7950A171 148,000円 7950A172 188,000円

※ご購入後、90日間以内にご契約下さい。それ以降は1年毎の契約形態のCCG契約となります。
※無償保証期間(1年間)を含んでいます。
※上記料金は訪問料、技術料、部品代を含みます。
※定期点検はございません。
※サービス受付窓口の概要は以下の通りです。
 窓口:キヤノンサービスパック専用コールセンター(電話番号は契約申し込み後に郵送されるパッケージにて通知致します)
 対応時間:祝祭日をのぞく 月-金曜日 9:00-17:30
 訪問修理対応時間9:00〜12:00受付→当日、    12:00〜17:30受付→翌営業日

 

2)CCG(キヤノン・ケア・ギャランティ :年間保守契約)

種類 商品名 価格 サービス形態・備考
CCG(キヤノン・ケア・ギャランティ DR-3080C 57,600円

訪問修理(定期点検 年1回)

DR-3060/3080CII 51,000円

*上記料金は、標準的な使用スキャン枚数(月間30,000枚以下を想定)における基本料金となっております。ただし、本体のみ月間スキャン枚数が大量となる場合には、点検回数を増やした下記別途料金(年間保守契約のみ)を適用させていただく場合がございますので、予めご了承ください。
サービス条件の詳細につきましては、取り扱い店または最寄りのキヤノンマーケティングジャパン営業所までお問い合わせください。

想定される月間スキャン枚数による料金例

想定される
月間スキャン枚数
商品名 価格 サービス形態・備考
30,000枚以下(基準) DR-3080C 57,600円/年 訪問修理(定期点検 年1回)
DR-3060/3080CII 51,000円/年
30,001〜50,000枚 DR-3080C 115,800円/年 訪問修理(定期点検 年2回)
DR-3060/3080CII 102,000円/年
50,001枚〜 DR-3080C 175,200円/年 訪問修理(定期点検 年3回)
DR-3060/3080CII 153,000円/年

*記載の価格には消費税は含まれておりません。
*訪問料は1人1回あたりの料金です。
*搬入料は、標準的な搬入にかかわる参考料金です。特殊作業(階段作業、クレーン車使用等)の場合は、別途料金が必要となります。予めご了承ください。
*訪問保守料金、訪問料金はサービス拠点より片道30km以内もしくは1時間以内であり、それを超える場合には別途料金が加算されます。
*各種ユースウェア料金及び保守料金は、キヤノンマーケティングジャパンの標準小売価格です。
*補修用性能部品(製品性能を維持するための部品)の保有期間は、製造打ち切り後7年間です。
*上記は2004年9月1日現在の価格です。

 

3)スポットサービス(必要な場合のみ修理を行い、修理代金をご請求)

スポットサービス 訪問料金、技術料金または簡易技術料金、備品代金の合計料金を申し受けます。
訪問料金   10,000円/回
簡易技術料金   5,000円/回
技術料金   10,000円/回
部品代   実費

 

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

DR-3080C

 

[TOP▲]
このページのトップへ