テープに記録した映像をメモリーカードに静止画として記録する方法(iVIS HV10)



テープに記録した映像をメモリーカードに静止画として記録する方法(iVIS HV10)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000036154



あとからフォトの操作方法(iVIS HV10)
 

■テープ(miniDVカセット) に記録した映像の一場面を静止画としてカード(miniSDカード)に記録するには、
 以下の操作を行います。
 

 メニュー「再生/出力設定」、「テレビタイプ」を「16:9」に設定してください。
  「4:3」に設定している場合、テープの映像をカードに記録できません。
 ※電源スイッチを「再生」、テープ/カード切り替えスイッチを「テープ」にして操作を行ってください。
 ※再生中のテープの映像をカードに記録したときの日付/時刻が、日時としてカードに記録されます。
 ※カードに記録される静止画の画質は選べます。
 

1.

静止画の画質を選びます。

  1. [FUNC.ボタン]を押します。
  2. [SETボタン]を上下させて「静止画画質」を選び、[SETボタン]を押します。
  3. [SETボタン]を上下させて静止画の画質(スーパーファイン/ファイン/ノーマル)を選び、[SETボタン]を押します。
  4. [FUNC.ボタン]を押します。
2. [テープの再生中]フォトボタンを浅く押し続けます。


・画面右下に記録可能枚数が表示され、再生一時停止になります。

※リモコンのフォトボタンを押したときは、すぐに静止画記録が始まります。

3.

フォトボタンを深く押します。


・カードに記録されます。

※再生一時停止中にフォトボタンを深く押しても、静止画を記録できます。



 

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS HV10

 

[TOP▲]
このページのトップへ