人物をバランスよく撮影する方法について(ショットとフレーミング)



人物をバランスよく撮影する方法について(ショットとフレーミング)
更新日 : 2016年3月1日
文書番号 : Q000039563




人物のどこを強調したいのかという目的に合わせて、画面内の人物の大きさと位置を変えると、バランスのよい映像を撮影することができます。
例えば全身を見せたいのに頭や足が切れていたりすると見づらい映像になります。それを避けるためには、まず撮影したい構図を決めて、人物が画面上でバランスのよい位置にくるように気を配ることが大切です。
人物で基本となるショットとフレーミングについて、以下にご案内致します。
画角とその中に入る人物の大きさによって、次のように分けることができます。
 
フルショット
全身が画面全体におさまるように撮影する方法。
人物の周りの状況や全身を使った大きな動きを伝えるサイズです。
頭の上と足の下をあけるくらい余裕をもって撮影してください。
ウエストショット
ウエストの位置から上が画面におさまるように撮影する方法。
人物の表情と共に、周りの状況もある程度わかるサイズです。
頭の上をあけて、目の位置が画面の中心線よりも上になるように撮影します。
バストショット
胸の位置から上が画面におさまるように撮影する方法。
人物の表情がわかり、親近感のもてる安定したサイズです。
頭の上は意識してあけなくても大丈夫です。
アップ
顔が画面全体におさまるように撮影する方法。
感情表現を強調するのに効果的なサイズです。
鼻の位置が画面の中心になるように撮影します。
クローズアップ
目や口元、指、手、足など、特に強調したい部分を拡大して撮影する方法。
映像を見る人にダイレクトに訴えかける効果があるサイズです。

戻る

 
映像を見る人に何を伝えたいのかを考えて、バランスの良い構図で撮影することが基本です。
 
横方向のフレーミング
 
 
 撮影のポイントは、人物が向いている方向をあけることです。
 状況に応じて人物を中央か左右のどちらかに置くことによって、次のような違いがあります。
  中央の位置 : 人物に注目を集めたいとき
  左右の位置 : 背景も含めて人物の状況を説明したいとき
  左より
  中央
  右より
 ( 上の図の場合、右よりだと人物の向いている方向が狭くなるため、バランスが良くありません。)

 
縦方向のフレーミング
 
 
 撮影のポイントは、目の位置を画面の中心線よりも、中央またはやや上に置くことです。
  下
  中央
  上
 ( 上の図の場合、目の位置が中心線よりも下だと、どこを見ていいのかわからない映像になってしまいます。)

 
奥行きのフレーミング
 
 
 撮影のポイントは、奥行き感を出すために斜めから撮影することです。
 
  
  
 
 ( 上の図の場合、右のように人物と背景の木が重なっていると、遠近感がない映像になってしまいます。)
 
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS HF G40 / iVIS HF G20 / iVIS HF G10 / iVIS HF M52 / iVIS HF M51 / iVIS HF M43 / iVIS HF M41 / iVIS HF M32 / iVIS HF M31 / iVIS HF S21 / iVIS HF21 / iVIS HF S11 / iVIS HF20 / iVIS HF S10 / iVIS HF11 / iVIS HF10 / iVIS HF100 / iVIS HF R72 / iVIS HF R700 / iVIS HF R52 / iVIS HF R42 / iVIS HF R31 / iVIS HF R30 / iVIS HF R21 / iVIS HF R11 / iVIS HF R10 / iVIS HF R100 / iVIS HG21 / iVIS HG10 / iVIS HR10 / iVIS HV30 / iVIS HV20 / iVIS HV10 / iVIS FS21 / iVIS FS10 / iVIS DC300 / iVIS DC200 / iVIS DC50 / DC40 / iVIS DC22 / DC20 / DC10 / IXY DV M5 / IXY DV S1 / IXY DV M3 / IXY DV M2 / IXY DV M / IXY DV5 / IXY DV3 / IXY DV2 / IXY DV / FV M300 / FV M200 / FV M100 / FV M30 / FV M20 / FV M10 / FV M1 / FV50 / FV40 / FV30 / FV20 / FV10 / FV500 / FV400 / FV300 / FV200 / FV100 / FV2 / FV1 / XH G1S / XH A1S / PV130 / PV1 / CV11 / MV1

 

[TOP▲]
このページのトップへ