クイックスタート使用上の注意事項



クイックスタート使用上の注意事項
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000039606




 

撮影チャンスを逃さないためには、クイックスタート機能を利用します。
撮影を一時停止しているときにクイックスタートボタンを押すと、バッテリーの消耗を抑えながら
省エネモード (*) で待機します。
撮影したいときに再びボタンを押すと、約1秒で起動し、撮影スタンバイ状態になります。
* バッテリーの消耗は撮影時の約半分となります。

クイックスタートを使用した際の注意事項について、以下にご案内いたします。
 

1. クイックスタートボタンを押して、撮影を待機状態にしているときは、バッテリーを
取り外さないでください。
 
2. 再度クイックスタートボタンを押して撮影を開始すると、ピントや露出の調整、逆光補正は
自動調整になり、ズームは < W > 側に戻ります。
クイックスタートボタンを押す前の状態にするには、再設定が必要になります。
 
3. 撮影を待機した状態で10分経過すると、自動的に電源が切れます。
待機時間はメニューの [ システム設定 ] から [ スタンバイ ] で選択できます。
なおクイックスタート中、[ パワーセーブ ] の設定は無効になります。


戻る
関連情報: 戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS HF11 / iVIS HF10 / iVIS HF100 / iVIS HG21 / iVIS HG10 / iVIS HR10 / iVIS FS10

 

[TOP▲]
このページのトップへ