記録した映像をビデオ機器(DVDレコーダー等)に録画する方法(iVIS HV30/HV20)



記録した映像をビデオ機器(DVDレコーダー等)に録画する方法(iVIS HV30/HV20)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000041903



対処方法

この製品で再生する映像をビデオ機器にダビングできます。また録画側のビデオ機器がDV端子付きのデジタルビデオ機器やDVDレコーダーの場合は、デジタル信号のまま、画質、音質をほとんど劣化させずに録画できます。


2. テープ / カード切り換えスイッチを < > にします。

3. < > ボタンを押します。

4. [ メニュー ] を選択し、< > ボタンを押します。

5. [ 再生/出力設定 ] を選択し、< > ボタンを押します。

録画したい信号テープに撮影した映像の規格録画側機器の対応規格メニューの(1) [ 再生規格 ]メニューの(2) [ DV端子 ]
ハイビジョン画質(HD)HDVHDV「オート」/「HDV」「HDV/DV」
標準画質(SD)HDVDV「オート」/「HDV」「DV固定」
DVDV「オート」/「DV」「HDV/DV」/「DV固定」


7. この製品とビデオ機器を接続します。
DVケーブルは、端子の形状を確認して、正しい向きで接続してください。接続するほかの映像機器のDV端子が、MPEG2-TS(HDV出力時)またはDV(DV出力時)に対応しているかもご確認ください。
メモ
  • コンパクトパワーアダプターにつないで使うことをおすすめします。
  • DV端子付きビデオ機器やDVDレコーダーへ録画する場合はDVケーブルを正しく接続していても、映像が出ないことがあります。このようなときはDVケーブルを接続し直すか、電源を入れ直してください。
  • DV(IEEE1394)端子を持つすべての製品との接続を保証するものではありません。正しく動作しない場合は、映像/音声端子を使用してください。
  • HDMIケーブルを使ってのダビングはできません


7.この製品とビデオ機器を接続します。
メモ
  • コンパクトパワーアダプターにつないで使うことをおすすめします。
  • ステレオビデオケーブルでダビングした映像は、多少画質が劣化します。
  • HDMIケーブルを使ってのダビングはできません


2. 録画用カセット/DVDを入れ、録画一時停止状態にする

3. 再生を始める位置に合わせます。
  • 正しく接続されていると「 HDV/DV」が画面に出る。

4. < > を押して、再生を始めます。
  • 再生が始まると、「 HDV出力」または「 DV出力」が出る。
  • 映像/音声端子を使用すると、この製品に出る日時やカメラデータを入れて録画できる。< ディスプレイ > ボタンを押すたびに、表示が切り換わる。

5. 録画を開始する場面で、録画を始めます。

6. 録画を終えます。

7. < > を押して、動画の再生を終わります。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS HV30

 

[TOP▲]
このページのトップへ