PIXELA ImageMixer 3 SE で記録した映像をパソコンに取り込む方法(iVIS FS10)



PIXELA ImageMixer 3 SE で記録した映像をパソコンに取り込む方法(iVIS FS10)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000046947



記録した映像をパソコンに取り込むには、付属の「PIXELA ImageMixer 3 SE for SD」をインストールする必要があります。
「PIXELA ImageMixer 3 SE for SD」を使うと映像をパソコンに取り込むほかに、映像に音楽やタイトルを追加してオリジナルのDVDを作成したり、作成した映像をビデオカメラに書き戻して再生したりできます。
 
   記録した映像をパソコンに取り込む方法
1. ビデオカメラをコンパクトパワーアダプターにつなぎ、電源をONにします。
 



2. ビデオカメラを( 動画の再生モード )にします。
 



3. ビデオカメラとパソコンをUSBケーブルでつなぎ、 [ ImageMixer 3 ] を起動します。
パソコンにつないだとき、ビデオカメラの画面に「接続機器を選択してください」が出たときは「パソコンなど」を選んで
を押してください。
 



4. [ ImageMixer 3 ランチャー ] 画面の [ パソコンに保存 ] をクリックします。
 


5. 保存する画像を選択します。
[差分選択 ] や [全選択 ] を使うか、個別に映像を選択します。

差分選択 これまでパソコンに取り込まれたことのない映像を選択。
    ビデオカメラの中にある映像ファイルのうち、パソコンに取り込まれたことのある映像には
(取り込みマーク)が表示されます。
全選択 表示されているすべての映像を選択
個別に選択 保存する映像ファイルを選択
 


6. [ 保存 ] をクリックします。
取り込んだ映像は、[ マイビデオ ](ない場合は [ マイドキュメント ] )内の [ MxLibrary ] フォルダに保存されます。
保存先を変更するには、[ 設定 ] メニューの [ 環境設定 ] で保存先を指定します。
 


7. [ 実行 ]をクリックすると、保存が開始されます。保存した映像は自動的に「ImageMixer 3」のライブラリに追加され、
ソース・ペイン*に撮影日ごとのアルバムが作成されます。
  *ソース・ペイン:映像ファイルが保存されている場所
 
戻る


<参考>
■動作環境を確認する
  パソコン動作環境については、下の表で確認してください。(Macintoshには対応しておりません)
動作環境A
OS Microsoft Windows XP* Microsoft Windows Vista**
CPU Intel Pentium 4 1.49GHz 以上
Intel Celeron 1.7GHz 以上
Intel Pentium 4 2.4GHz 以上
Intel Celeron D 3.0GHz 以上
メモリー 512MB 以上
ハードディスク
空き容量
インストール時: 300MB 以上
ディスク作成時: 作成するディスクの2倍以上
ディスプレイ 1024×768ピクセル以上、16bit (High Color) 以上
サウンドカード Direct Sound対応のサウンドカード
ドライブ 書き込み可能なDVDドライブ(標準搭載)
その他 USB2.0対応ポート(標準搭載)/ DirectX 9.0cが正常に動作する環境 / インターネット接続環境(インストール時に必要)
* Home EditionまたはProfessional EditionでService Pack 2
** Home Basic、 Home Premium、Ultimate、Business、Enterpriseの32bit版

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS FS10

 

[TOP▲]
このページのトップへ