テープに動画を撮影しながら静止画を記録する方法



テープに動画を撮影しながら静止画を記録する方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000046953




テープに動画を撮影中に、テープに記録している映像を同時にカードに静止画で記録できます。
カードに記録される静止画サイズは、640×480です。画質は選べます。

(ここでは、IXY DV M3 を例に説明しています。)


■操作方法
1. 電源スイッチを<カメラ>にし、テープ/カード切り換えスイッチを :テープ>に設定します。
 
 


1. <メニュー>ボタンを押します。
 
 


2. 設定ボタンを上/下に押して、選択枠を「カメラ設定」に合わせ、設定ボタンをまっすぐに押します。
 
 


3. 「カメラ設定」サブメニューが表示されます。
設定ボタンを上/下に押して、選択枠を「静止画記録」に合わせ、設定ボタンをまっすぐに押します。
 
 


4. 設定ボタンを上/下に押して、「ファイン」または「ノーマル」を選びます。
 
 


5. <メニュー>ボタンを押します。
 
 


6. <スタート/ストップ>ボタンを押し、動画の撮影を始めます。
 
 


7. 撮影中に静止画にしたいシーンで<フォト>ボタンを深く押します。
画面は動画のまま、静止画がカードに記録されます。
 



 
   注意
 
カードカメラモードで640×480の画像サイズで記録するときより、画質は劣ります。
フェード、エフェクト、マルチ画面の実行中はカードに記録できません。
「16:9」を「入」に設定しているとカードには記録できません。
(FV M200では、「ワイドTV」に設定していると、カードには記録できません。)
「静止画記録」を「切」に設定していて、フォトボタンを押すと「OFF」が表示されます。
カードミックスは使用できません。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

IXY DV M3 / IXY DV M2 / FV M200 / FV M100 / FV M20 / FV50

 

[TOP▲]
このページのトップへ