撮影した映像から気に入ったシーンを静止画にする方法(iVIS HF20)



撮影した映像から気に入ったシーンを静止画にする方法(iVIS HF20)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000047159



操作方法

撮影した映像から、気に入った一場面を静止画として切りとれます。コマ送りをしながら静止画を連続して記録することもできます。記録される静止画サイズは1920×1080になり、画質は3種類から選べます。

1.< (撮る/見る) > ボタンを押して、動画の再生モードにします。

2.< > ボタンを押します。

3.静止画の画質を選びます。
3-1.[ ] (メニュー)を選び、 < > ボタンを押します。

3-2.[ ] を選びます。

3-3.[ あとからフォト画質 ] を選び、< > ボタンを押します。

3-4.[ スーパーファイン ] / [ ファイン ] / [ ノーマル ] の中から、いずれかを選び < > ボタンを押します。

4.切りとりかたを選びます。
4-1.[ あとからフォト ] を選び、< > ボタンを押します。

4-2.[ 単写 ] または [ 連写 ] を選び、< > ボタンを押します。

5.< > ボタンを押します。

6. < START/STOP > ボタンを押します。
再生が始まります。
切り取りたい場面で、もう一度 < START/STOP > ボタンを押して、再生一時停止にします。

7. < PHOTO > ボタンを押して静止画を記録します。
[ 単写 ]を選んだ場合
深く押します。
[ 連写 ]を選んだ場合
深く押しつづけると、コマ送りをしながら静止画が記録されます。
参考
連写のとき
  • 最大100枚まで記録できます。
  • 連写中、次のシーンに切り換わるときに連写が止まります。
  • 約1/30秒ごとにコマ送りをしながら記録します。メニューで[ フレームレート ] を [ PF24 ] に設定して撮影した動画の場合は、約1/24秒ごとのコマ送りになります。

メモ
  • 動画を撮影したときの日付や時刻が、静止画の撮影日時として設定されます。
  • 動きの速い映像を静止画として切りとると、ブレた静止画になることがあります。
  • 静止画は、メニューの[ 静止画記録 ] で記録先として選んだメモリーに記録されます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS HF20

 

[TOP▲]
このページのトップへ