ビデオ機器(DVDレコーダー/VHS等)の映像をビデオカメラにダビングする方法(iVIS HV20/HV30)



ビデオ機器(DVDレコーダー/VHS等)の映像をビデオカメラにダビングする方法(iVIS HV20/HV30)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000048480




ほかのビデオ機器から、iVIS HV20/HV30 にダビングできます。


■INDEX



   映像/音声端子つきビデオ機器から録画する方法

1. ビデオカメラとビデオ機器(DVDレコーダー/VHS等)を付属のステレオビデオケーブルで接続します。
 
 


2. ビデオカメラに録画用カセットを入れます。
 

< OPEN EJECT >スイッチをスライドさせて、カバーが止まるまで開きます。(カセット入れが自動で開きます。)
カセットを入れます。
< PUSH >を押してカセット入れを閉めます。(カセット入れが自動で収納されます。)
 


3. ビデオ機器に再生するカセットやDVDディスクなどを入れます。
 


4. ビデオカメラで録画一時停止にします。
 

< :録画一時停止 >を選び、< :SET>を押します。
ジョイスティックを操作して < 実行 >を選び、< :SET>を押します。
 


5. ビデオ機器で再生をはじめます。
 


6. ビデオカメラの < > を押し、録画をはじめます。
 
 


7. ビデオカメラの < > を押し、録画を終わります。
 
 


8. ビデオ機器の再生を終了します。
 


 
   注意
 
接続した機器からのアナログ信号によっては、入力した映像が出なかったり、乱れることがあります。
(例:ゴーストなどを含む乱れたアナログ信号等)
コピー不可の著作権保護信号入りのアナログ信号は、録画できません。

   メモ
   コンパクトアダプターにつなぐと、バッテリーの消耗を気にせず操作できます。

戻る

   DV端子付きビデオ機器から録画する方法

1. 録画する映像に合わせて設定を行います。
 
【1-1.】 メニュー画面から操作を行います。
 
< FUNC. >ボタンを押します。
ジョイスティックで < :メニュー> を選択します。
< :SET> を押します。
 

【1-2.】 < :再生/出力設定 1 >を選び、< :SET> を押します。
 
 

【1-3.】 < :再生規格> を選び、< :SET> を押します。
 
 

【1-4.】 < :オート>を選択し、< :SET> を押します。
 
 


2. ビデオカメラとデジタルビデオ機器をDVケーブル(別売)で接続します。
 
 


3. ビデオカメラに録画用カセットを入れます。
 
< OPEN EJECT >スイッチをスライドさせて、カバーが止まるまで開きます。(カセット入れが自動で開きます。)
カセットを入れます。
< PUSH >を押してカセット入れを閉めます。(カセット入れが自動で収納されます。)
 


4. デジタルビデオ機器に再生するカセットを入れます。
 


5. ビデオカメラを一時停止状態にします。
 
< :録画一時停止 >を選び、< :SET>を押します。
ジョイスティックを操作して < 実行 >を選び、< :SET>を押します。
 

6. デジタルビデオ機器で再生を始めます。
 


7. ビデオカメラの < > を押し、録画をはじめます。
 
 


8. ビデオカメラの < > を押し、録画を終わります。
 
 


9. デジタルビデオ機器の再生を終了します。
 


 
   注意
 
デジタルビデオ機器がテープの無記録部分を再生すると、異常な映像が記録されることがあります。
DVケーブルを正しく接続していても、映像が出ないときは、DVケーブルを接続しなおすか、電源を
入れなおしてください。
デジタルビデオカメラのUSB端子には何も接続しないでください。
同じ端子(IEEE1394)でも、信号の方式が異なる場合があります。 HDV/DV入力してビデオカメラで
記録できる信号は、HDV規格(1080i)、またはDV規格で記録された場合です。

   メモ
    コンパクトアダプターにつなぐと、バッテリーの消耗を気にせず操作できます。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS HV30 / iVIS HV20

 

[TOP▲]
このページのトップへ