PIXELA ImageMixer 3 SE で記録した映像をパソコンに取り込む方法(iVIS HF21)



PIXELA ImageMixer 3 SE で記録した映像をパソコンに取り込む方法(iVIS HF21)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000050251



操作方法

記録した映像をパソコンに取り込むには、付属の「PIXELA ImageMixer 3 SE」をインストールする必要があります。
「PIXELA ImageMixer 3 SE」を使うと映像をパソコンに取り込むほかに、映像に音楽やタイトルを追加してオリジナルのDVDを作成したり、作成した映像をビデオカメラに書き戻して再生したりできます。



2. < > を押し、動画の再生モードにします。


3. ビデオカメラとパソコンをUSBケーブルでつなぎ、 [ ImageMixer 3 SE ] を起動します。
パソコンにつないだとき、ビデオカメラの画面に [ 接続機器を選択してください ] が出たときは [ パソコンなど ] を選んで < > を押してください。


4. [ ImageMixer 3 ランチャー ] 画面の [ パソコンに保存 ] をクリックします。
*画像は、Disc 1 のみインストールした場合です。


5. 読み込み先を選択します。
ビデオカメラの内蔵メモリーかメモリーカードから読み込み先を選択します。


6. 読み込む方法を選択します。
  • [ パソコンに保存されていない映像を読み込む ]:保存されていない映像を読み込むためにビデオカメラの内容を確認します。この動作には時間がかかることがあります。
  • [ すべての映像を読み込む ]:ビデオカメラの読み込み先のメモリーに保存された全ての映像を保存します。


取り込んだ映像は、下記の場所に保存されます。また、保存先は [ 設定 ] メニューの [ 環境設定 ] から変更できます。
  • Windows Vista
C:\Users\(ユーザーアカウント名)\Video\IMx3SEVer4\(撮影日)
*[ Vodeo ] がない場合は、[ Documents ] 直下に保存されます。
  • Windows XP
C:\Documents and Settings\(ユーザーアカウント名)\マイビデオ\IMx3SEVer4\(撮影日)
*[ マイビデオ ] がない場合は、[ My Documents ] 直下に保存されます。

7. [ OK ]ボタンをクリックします。


取り込みが完了する、確認メッセージが表示されます。

注意
  • 取り込み中はビデオカメラの接続を解除しないで下さい。
  • Disc 2 もインストールした場合は、取り込んだ画像は自動的にライブラリに追加されます。

可能な操作内容Disc 1(動作環境A)Disc 2*(動作環境B)
パソコンで保存するビデオカメラの映像をパソコンに保存できます-
パソコンで整理する撮影日やお気に入り度などの条件を設定しておくと、自動でアルバムが作れます-
パソコンで再生するパソコンに保存した映像ファイルを再生できます-
映像を編集する映像の不要な部分をカットしたり、文字やBGMを挿入したりできます-
ビデオカメラに書き戻すハイビジョンで見るために、パソコンに保存した映像をカメラに書き戻しできます-
ディスクに保存するハイビジョン画質ならAVCHD規格の、友人などに配るならDVD-Video規格のディスクを作成しましょう。ブルーレイディスクの作成もできます-
音楽を転送するビデオスナップなどで使う音楽データを、パソコンからビデオカメラの内蔵メモリーやカードに転送できます-
*Disc 2 をインストールする際は、必ずDisc 1 から順番にインストールしてください。

動作環境A
OS Windows Vista(Service Pack 1 を含む)(*1)/
Windows XP(Service Pack 2 または3)(*2)
CPU Windows Vista : Intel Pentium 4/2.4GHz 以上、Intel Celeron D/3.0GHz以上
Windows XP : Intel Pentium 4/1.49GHz 以上、Intel Celeron/1.7GHz以上
メモリー512MB 以上
インタフェース標準装備のUSB2.0対応端子
ハードディスク空き容量インストール時 : 30MB 以上
パソコン保存時 : 転送する映像ファイルと同容量以上
音楽転送時 : 転送する音楽ファイルと同容量以上(Cドライブに必要)
ディスプレイ1,024X768 ドット High Color(16bit)以上
サウンドDirectSound対応のサウンドカード
動作環境B
OS Windows Vista(Service Pack 1 を含む)(*1)/
Windows XP(Service Pack 2 または3)(*2)
CPU Intel Pentium D 3.0GHz 以上、Intel Core 2 Duo 2.13GHz 以上
MXPモードの映像の場合: Intel Core 2 Duo 2.33GHz 以上
メモリーWindows Vista : 2GB 以上
Windows XP : 1GB 以上
インタフェース標準装備のUSB2.0対応端子
ハードディスク空き容量インストール時: 200MB 以上
ディスク作成時: 作成するディスクによって異なる(*3)
パソコン保存時:転送する映像ファイルと同容量以上
音楽転送時: 転送する音楽ファイルと同容量以上(Cドライブに必要)
ディスプレイ1280X1024ピクセル以上、32bit以上、Intel G965(オンボードのVGA)以上
サウンドDirectSound対応のサウンドカード
ドライブ書き込み可能なDVDドライブ(標準搭載)
ブルーレイディスク保存時: 書き込み可能なブルーレイディスクドライブ
その他DirectX 9.0cが正常に動作する環境 / インターネット接続環境(インストール時に必要)

*1: Home Edition または Professional
*2: Home Basic、 Home Premium、Ultimate、Business、Enterprise
*3: DVD/AVCHDディスク作成時は3倍以上、Blu-rayディスク作成時は2倍以上、DataDiscディスク作成時は同容量以上。

  • 上記OSは32bit版のみ対応しております。
  • 動作環境を満たした、すべてのパソコンの動作を保証するものではありません。
  • PIXELA ImageMixer 3 SEは、Macintoshには対応しておりません。

Windows のOS 名称は、下記の略称を使用しています。
Microsoft Windows Vista (Service Pack 1 を含む): Windows Vista
Microsoft Windows XP (Service Pack 2 または3): Windows XP

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS HF21

 

[TOP▲]
このページのトップへ