バッテリーパックがビデオカメラ本体で充電できない場合の対処方法(iVIS HF21/HF S11)



バッテリーパックがビデオカメラ本体で充電できない場合の対処方法(iVIS HF21/HF S11)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000051235




ビデオカメラ本体にコンパクトパワーアダプターを接続してもバッテリーパックが充電できない場合には、
以下の方法をお試しください。
ここではiVIS HF21 を例にしています。 )

   対処方法

1. ビデオカメラの電源を<OFF>にし、バッテリーパックを取り外します。
   
2. コンパクトパワーアダプターをつなぎます。
 
 

3. バッテリーパックを取り付けます。
 
 

4. 充電ランプが点滅し、充電が開始されたことを確認します。(※1秒に1回赤く点滅します。)
 

充電ランプの点滅が終了し消灯すると、充電が完了です。
 


   注意
   充電するときは、電源を<OFF>にしてください。電源<ON>のときは充電されません。
 


上記の方法でも充電が開始されない場合には、ビデオカメラ本体、コンパクトパワーアダプター、
バッテリーパックのどれかが故障している可能性があります。

以下の手順をお確かめのうえ、お近くのキヤノンサービスセンターにお問い合わせください。


[手順1] ビデオカメラの電源を<OFF>にし、バッテリーパックを取り外します。
[手順2] コンパクトパワーアダプターをつなぎ、電源ボタンを押して電源が<ON>になるかどうかを確認します。

電源が<ON>になる場合…ビデオカメラ本体もしくはバッテリーパックが故障している恐れがあります。
電源が<ON>にならない場合…ビデオカメラ本体もしくはコンパクトパワーアダプターが故障している恐れが
あります。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS HF21 / iVIS HF S11

 

[TOP▲]
このページのトップへ