映像/音声端子付きビデオ機器(DVDレコーダー等)に録画する方法(iVIS HF R11/HF 10/HF R100)



映像/音声端子付きビデオ機器(DVDレコーダー等)に録画する方法(iVIS HF R11/HF 10/HF R100)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000054434



操作方法

ビデオカメラ本体で撮影した映像を、映像/音声端子付きのビデオ機器にダビングできます。この場合、保存される映像の画質は標準画質に変換されます。

1. ビデオカメラ本体とビデオ機器をビデオカメラに付属のステレオビデオケーブルで接続します。

2. ビデオカメラの <> を押して、動画再生モードにします。

3. メニューの [ AV/ヘッドホン ] が [ AV ] になっていることを確認します。

4. 録画側の機器を録画一時停止状態にします。

5. ビデオカメラで再生するシーンを選択します。
< SET >ボタンを押して、シーンを再生します。

  • ジョイスティックを下に押すと操作案内を消すことができます。
  • ビデオカメラ本体に表示される日時などは、入れたまま録画されます。
好みの表示にするには、< DISP. > ボタンを押して表示を切り換えます。詳しくは、関連情報をご参照ください。

6. 録画を始める場面になったら、録画側の機器で録画を始めます。

7. 録画を終了する場面になったら、録画側の機器で録画を終えます。

8. ジョイスティックを上に押して、操作案内を表示させます。
[ ]を選んで、< SET >ボタンを押します。

メモ
  • コンパクトパワーアダプターをつないで使うと、バッテリーの消耗を気にせずに録画できます。
  • 詳しい操作方法は、お使いの機器の説明書またはホームページなどをご覧ください。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS HF R11 / iVIS HF R10 / iVIS HF R100

 

[TOP▲]
このページのトップへ