DV Messenger2.0 の使用環境(条件)



DV Messenger2.0 の使用環境(条件)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000005494




DV Messenger2.0 が使用できる環境は以下のとおりです。

対応デジタルビデオカメラ IXY DV M5/IXY DV S1/IXY DV M3/IXY DV M2/IXY DV 5/IXY DV M/IXY DV 3/IXY DV 2/IXY DV/FV M1/FV M30/FV M20/FV M10/FV M200/FV M100/FV50/FV40/FV500/FV400/FV300/FV30/FV200/FV20/FV100/FV10/FV2/PV130/PV1/XV2/XV1/XL1S

メモリーカードの搭載されていない機種ではファイル転送機能は使用できません。
他社のビデオカメラでは使用できません。

パソコン OS Microsoft Windows XP Home EditionまたはProfessional
(Service Pack 1の適用を推奨)

Windows XPプリインストール機に対応しています。
OSのアップグレード環境での動作は保証いたしません。
CPU Pentium500MHz以上(800MHz以上を推奨)
メモリ 128MB(256MB以上を推奨)
ハードディスク
空き容量
DV Messenger:100MB以上
AV/C Camera Storage Subunit-WIAドライバー:1MB以上
インターフェース OHCI対応 IEEE1394またはUSB1.1/2.0
(USB対応機種は IXY DV M5、IXY DV S1、FV M30、IXY DV M3、IXY DV M2、FV M1、FV M20のみ)
ソフトウェア Windows Messenger 4.5、4.6、4.7 のいずれか

DV Messengerを使用するためには、Windows Messengerでビデオチャットが
  可能な環境が必要です。Windows Messengerでビデオチャットが使用できる
  環境を準備してください。

  詳しくはMicrosoft社のホームページをご覧ください。
インターネット環境 ご使用のパソコンにはグローバルIPアドレスが割り当てられている必要があります。
詳しくはご契約のインターネットサービスプロバイダー、または回線業者に
お問い合わせください。

ルータを使用してインターネットに接続している場合は、UPnP
(ユニバーサル・プラグ・アンド・プレイ)対応のルーターが必要です。
その他のルーターでは、ご使用いただけません。
詳しくはご契約のインターネットサービスプロバイダーまたは回線業者、
ルーターの製造メーカーにお問い合わせいただくか、ルーターの
使用説明書等でご確認ください。

DV Messengerを快適に使用するためには、ADSL等高速なインターネット
接続回線をおすすめします。
また、Microsoft .NET Passportを取得している必要があります。
詳しくはMicrosoft社のホームページをご覧ください。

戻る
関連情報: 戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

IXY DV M5 / IXY DV S1 / IXY DV M3 / IXY DV M2 / IXY DV M / IXY DV5 / IXY DV3 / IXY DV2 / IXY DV / FV M200 / FV M100 / FV M30 / FV M20 / FV M10 / FV M1 / FV50 / FV40 / FV30 / FV20 / FV10 / FV500 / FV400 / FV300 / FV200 / FV100 / FV2 / XL1S / XV2 / XV1 / PV130 / PV1

 

[TOP▲]
このページのトップへ