撮影している映像をVHS等に記録する方法



撮影している映像をVHS等に記録する方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000005723



 

ビデオカメラで撮影している現在の映像をVHS等のレコーダーに記録することは可能です。
※VHS等のレコーダーに外部入力端子がある必要があります

■VHSなどのレコーダーとの接続・操作方法

  1. VHS等のレコーダーの電源を入れ、入力端子にステレオビデオケーブルを接続します。
    S端子があればSケーブルで接続します。その際黄色い映像プラグは使用しません。
  2. ビデオカメラはテープを装填せず(※)に、カメラ(テープ撮影)モードで電源を入れます。
    カード対応機種でもテープ撮影モードにします。
  3. VHS等のレコーダーの入力切り換え(外部入力切り換え)を行います。
    入力端子にあわせたチャンネル(例えば、ライン1・ライン2など)に切り替えます。
  4. VHS等のレコーダーの[録画]ボタンを押すと、ビデオカメラに映し出している映像が記録されます。

※テープ装填状態では、テープとヘッドの保護のため、約5分で自動的に電源が切れてしまいます。

 



詳細情報:
  1. マルチケーブルMTC-100での接続例 (IXY DV M5/S1/DC20/DC10-出力)
  2. 映像・音声端子/S端子での接続例(IXY DV M2-出力)

【詳細1】マルチケーブルMTC-100での接続例 (IXY DV M5/S1/DC20/DC10-出力)


■映像/音声端子付き/S(S1)-映像端子付きビデオ機器へ録画する(IXY DV M5/S1/DC20/DC10)

IXY DV M5/S1/DC20/DC10は、本体に付属のマルチケーブルMTC-100を使用して映像端子付きビデオ機器へ
録画することができます。

 

 

 

戻る

【詳細2】映像・音声端子/S端子での接続例(IXY DV M2-出力)

 

接続方法は機器側の「ビデオ入力端子」の形式により2種類あります。

※FV M200/FV500/FV400にはS端子がないため、「映像/音声端子付き機器の場合」を参照してください。
※FV M30/FV M100/FV50でS(S1)端子を使用して接続する場合には、別売のS-ビデオケーブル(S-150)が必要です。
※XL2/XL1S/XL1では ステレオビデオケーブル(STV-150)を使用します。

映像・音声端子付き機器の場合

S(S1)端子付き機器の場合
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS HV20 / iVIS HV10 / iVIS DC200 / iVIS DC50 / DC40 / iVIS DC22 / DC20 / DC10 / IXY DV M5 / IXY DV S1 / IXY DV M3 / IXY DV M2 / IXY DV M / IXY DV5 / IXY DV3 / IXY DV2 / IXY DV / FV M300 / FV M200 / FV M100 / FV M30 / FV M20 / FV M10 / FV M1 / FV50 / FV40 / FV30 / FV20 / FV10 / FV500 / FV400 / FV300 / FV200 / FV100 / FV2 / FV1 / XH G1 / XH A1 / XL H1 / XL2 / XL1S / XL1 / XV2 / XV1 / PV130 / PV1 / CV11 / MV1

 

[TOP▲]
このページのトップへ