波形モニター、ベクトルスコープ、エッジモニターの表示方法(XF305/XF300)



波形モニター、ベクトルスコープ、エッジモニターの表示方法(XF305/XF300)
更新日 : 2014年8月19日
文書番号 : Q000057306



詳細情報

カメラモードのとき、画面に波形モニター(WFM(*1))、ベクトルスコープ(VS(*1))を簡易表示できます。また、エッジモニター(Edge Monitor)(*2)を表示することもできます。なお、これら各種モニターは液晶画面のみに表示され、ファインダーや各出力端子からの映像には表示されません。
*1 WFM : Waveform Monitor、 VS : Vectorscope
*2 エッジモニター(Edge Monitor): 映像全体の合焦度合いを波形で表示する機能。カメラモードのみ。



2. 波形モニターのタイプを選びます。
ジョイスティックまたは<SELECT>ダイヤルを使って設定するメニューを選択し、<SET>ボタンで確定します。

2-1. [その他機能]メニュー → [WFM(LCD)] → [Waveform Monitor]を順に選びます。

2-2. 次のいずれかを選び、<SET>ボタンを押します。
設定値内容
ラインライン表示する。
ライン+スポットライン表示に重ねて、赤枠内の波形を赤色で表示する。
フィールドField表示する。
RGBR、G、B信号をパレード表示する。
YPbPrY、Pb、Pr信号をパレード表示する。

3. 波形のゲインを選びます。
3-1. [その他機能]メニュー → [WFM(LCD)] → ([Waveform Monitor]の下の)[Gain]を順に選びます。

3-2. [1x]または[2x]を選び、<SET>ボタンを押します。

4. 設定を終えたら、<MENU>ボタンを押してメニューを閉じます。


2. ベクトルスコープのタイプを選びます。
2-1. [その他機能]メニュー → [WFM(LCD)] → [Vectorscope]を順に選びます。

2-2. 次のいずれかを選び、<SET>ボタンを押します。
設定値内容
スポットノーマル表示に重ねて、赤枠内の色信号を赤色で表示する。
ノーマルベクトルスコープを表示する。

3. 波形のゲインを選びます。
3-1. [その他機能]メニュー → [WFM(LCD)] → ([Vectorscope]の下の)[Gain]を順に選びます。

3-2. [1x]または[5x]を選び、<SET>ボタンを押します。

4. 設定を終えたら、<MENU>ボタンを押してメニューを閉じます。


1. <MENU>ボタンを押します。

2. [その他機能]メニュー → [WFM(LCD)] → [Edge Monitor]を順に選びます。

3. 次のいずれかを選び、<SET>ボタンを押します。
設定値内容
タイプ 1合焦度合いを示す波形を緑色で表示し、さらに画面上の3箇所に表示した赤枠内で検出した波形を赤色で重ねて表示する。
タイプ 2波形モニター(Line+Spot)とエッジモニターを同時に表示する。エッジモニターは、画面全体の合焦度合いを示す波形を青色で、それに重ねて、画面中央赤枠内の合焦度合いを示す波形を赤色で表示する。

4. 設定を終えたら、<MENU>ボタンを押してメニューを閉じます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

XF305 / XF300

 

[TOP▲]
このページのトップへ