記録(録画)方式について(DCシリーズ)



記録(録画)方式について(DCシリーズ)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000005778




DVDビデオカメラ(DCシリーズ)には、以下の記録方式があります。
お使いの用途にあったディスクを選択してください。


  ・ DVD-VIDEO (VIDEOモード)
    ファイナライズ(※1)後はほとんどの機器(※2)で再生可能です。

  ・ DVD-VR (VRモード)
    ビデオカメラ本体での映像編集が可能です。
    ファイナライズ後はVRモード対応の機器で再生可能です。


記録モード VIDEOモード VRモード
ディスクの種類 DVD-R DVD-R DL※3 DVD-RW DVD-R DVD-R DL※3 DVD-RW
映像記録回数 一度のみ
(ファイナライズ
前は追記可能)
一度のみ
(ファイナライズ
前は追記可能)
繰り返し可能 - - 繰り返し可能
映像の消去 不可 不可 可能 - - 可能
再生可能な機器 一般的なDVD
プレーヤーなどで
再生可能
一般的なDVD
プレーヤーなどで
再生可能
一般的なDVD
プレーヤーなどで
再生可能
- - DVD-RWのVR
モードに対応
した機器でのみ
再生可能
ビデオカメラでの
編集
不可 不可 不可 - - 可能
ディスクの
フォーマット
必要 必要 必要 - - 必要
ファイナライズ
※1
必要
(ファイナライズ後
は追加撮影不可)
必要
(ファイナライズ後
は追加撮影不可)
必要
(ファイナライズ
解除後に追加
撮影可能)
- - 必要
(ファイナライズ後
の追加撮影可能)

※1:ファイナライズとは、映像を記録したディスクをDVDプレーヤーなどで再生するために行う処理です。
※2:すべての機器での再生を保証するものではありません。
※3
:DVD-R DL は、DC40/DC20/DC10では使用できません。詳しくは、関連情報にてご確認ください。



戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS DC300 / iVIS DC200 / iVIS DC50 / DC40 / iVIS DC22 / DC20 / DC10

 

[TOP▲]
このページのトップへ