CFカードスロットAのカードがいっぱいになった場合、自動でスロットBのカードに記録されるリレー記録機能はありますか?(XF105/XF100)



CFカードスロットAのカードがいっぱいになった場合、自動でスロットBのカードに記録されるリレー記録機能はありますか?(XF105/XF100)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000060408



詳細情報

撮影中、カードの空き容量がなくなると、自動的にもう一方のスロットに切り換わり、映像が途切れることなく連続して記録できます(リレー記録)。CF A → CF B、CF B → CF Aの両方向で連続記録が可能です。
メモ
  • ビットレートを[50 Mbps]に設定していると、スローモーション撮影時にリレー記録されません。
  • 撮影中にリレー記録が発生すると、撮影された映像はそれぞれ別々のクリップとして記録されます。
  • リレー記録によって、約1分後に記録先スロットが切り換わる時には、[CF A→CF B(CF B→CF A)まもなく切り替えます]のメッセージがビデオカメラの画面に表示されます。
  • リレー記録により、記録先がCF AからCF B(CF BからCF A)に切り換わった時には、[CF A→CF B(CF B→CF A)切り替えました]のメッセージがビデオカメラの画面に表示されます。


1. ビデオカメラの<POWER>スイッチを<CAMERA>側にスライドさせます。

2. <MENU>ボタンを押します。

3. [Other Functions]メニューを選択し、[Relay Rec]を選びます。
ジョイスティックで設定するメニューを選択し、<SET>ボタンで確定します。

4. [On]を選び<SET>ボタンを押します。

5. <MENU>ボタンを押して、メニューを閉じます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

XF105 / XF100

 

[TOP▲]
このページのトップへ