液晶画面の撮影情報表示を切り換える(撮影・再生時に消す)方法(iVIS HF R21)



液晶画面の撮影情報表示を切り換える(撮影・再生時に消す)方法(iVIS HF R21)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000060498



操作方法

ビデオカメラ本体の< DISP. >ボタンを押すと、液晶画面に表示される日付やカメラデータ(シャッタースピードや絞り)などの撮影情報の表示を切り換えることができます。
この方法で、動画や静止画を再生するときに、撮影情報や操作ボタンなどの表示を消す(非表示にする)ことができます。
表示内容は< DISP. >ボタンを押すたびに切り換わるので、撮影や再生の状況に応じて必要な情報を表示することができます。
なお、ビデオカメラに接続したテレビの画面に表示される撮影情報も< DISP. >ボタンを押すたびに切り換わります。
メモ
  • こだわりオートモードでは、液晶画面の表示を切り換えることができません。
  • 接続したテレビの画面に撮影情報を表示したくない場合は、メニューの[オンスクリーン表示]を[切]にします。


  • 表示なし*

* [ ] [ ] と 操作ボタンは表示されます。また、メニューで設定したマーカー、レベルメーターは表示されます。


  • すべて表示

  • メニューの[データコード表示]の設定情報を表示


  • すべて表示

  • メニューの[データコード表示]の設定情報を表示

メモ
データコードとは?
日時やカメラデータ (シャッタースピードや絞り) などの撮影情報を「データコード」といいます。データコードの表示内容はメニューの[データコード表示]で切り換えられます。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS HF R21

 

[TOP▲]
このページのトップへ