USBケーブルを使用して他の機器と接続する際の注意事項(iVIS HF R21)



USBケーブルを使用して他の機器と接続する際の注意事項(iVIS HF R21)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000060500



詳細情報


1. ビデオカメラにコンパクトパワーアダプターを接続します。
重要
ビデオカメラを他の機器と接続する際は、コンパクトパワーアダプターをご使用ください。

2. <POWER> ボタンを押し、電源をONにします。

3. <>(撮る/見る)ボタンを押して、再生モードに設定します。

4. 再生画面の確認をします。
取り込みたい動画か静止画が記録されているモードを表示するようにしてください。
  • 動画を取り込む・・・[日付] インデックスまたは [ギャラリー] 画面にします。


  • 静止画を取り込む・・・静止画見るモードで取り込み先のメモリーを選択します。



- ビデオカメラに接続したパソコンからビデオカメラのメモリー内のフォルダーやファイルを直接操作しないでください。記録したデータが破損する恐れがあります。映像データをパソコンに保存したり、ビデオカメラに書き戻したりするときは、付属の TransferUtility または VideoBrowser を使って行ってください。

- ビデオカメラのACCESSランプが点滅している間は、次のことを必ず守ってください。データが破損することがあります。
  • カードカバーを開けない
  • USBケーブルを抜かない
  • 本機やパソコンの電源を切らない
  • <AUTO>ボタンを操作しない
  • >ボタンを操作しない

- パソコンに保存した映像を本機に書き戻しているときは、次のことを必ず守ってください。本機に再生できないシーンが残ることがあります。
  • USBケーブルを抜かない。
  • 本機やパソコンの電源を切らない。

- 使用するソフトウェア、パソコンの仕様/設定などによっては、正しく動作しないことがあります。

- 大切な元のデータを消さないために、静止画は必ずパソコンにコピーし、コピーした静止画をパソコンで使用してください。




 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS HF R21

 

[TOP▲]
このページのトップへ