PIXELA Transfer Utility で記録した映像をパソコンに取り込む方法(XA10)



PIXELA Transfer Utility で記録した映像をパソコンに取り込む方法(XA10)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000061586



操作方法

記録した映像をパソコンに取り込むには、付属の「PIXELA Transfer Utility」をインストールする必要があります。

1. ビデオカメラをコンパクトパワーアダプターにつなぎ、電源を入れます。

2. ビデオカメラを「日付」インデックスまたは「ギャラリー」画面にします。

3. ビデオカメラとパソコンをUSBケーブルでつなぎます。

  • [接続するメモリーを選択してください]が出たとき
    [すべて(パソコン)]をタッチします。

パソコンの画面に「Transfer Utility」の起動画面が出ます。


2. 取り込む映像が保存されているメディアを選択します。

ビデオカメラ本体の内蔵メモリです。
ビデオカメラに挿入されたSDメモリーカードです。
ビデオカメラ本体の内蔵メモリとSDメモリカードの両方です。
カードリーダーライターに挿入されたSDメモリーカードなどです。

3. 読み込む方法を選択して、[OK] をクリックします。
  • パソコンに保存されていない映像ファイルを取り込む
    まだパソコンに取り込んだことのない映像ファイルを取り込みます。
  • すべての映像ファイルを取り込む
    選択したメディアに保存されているすべての映像ファイルを取り込みます。

参考
取り込んだ映像は、下記の場所に保存されます。また、保存先は [ 設定 ] メニューの [ 環境設定 ] から変更できます。
  • Windows 7
    C:\ユーザー\(ユーザーアカウント名)\マイビデオ\Import Video Data
    *[マイビデオ]がない場合は、[マイ ドキュメント]直下に保存されます。
  • Windows Vista
    C:\ユーザー\(ユーザーアカウント名)\ビデオ\Import Video Data
    *[ビデオ]がない場合は、[ドキュメント]直下に保存されます。
  • Windows XP
    C:\Documents and Settings\(ユーザーアカウント名)\My Documents\My Video\Import Video Data
    *[My Video]がない場合は、[My Documents]直下に保存されます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

XA10

 

[TOP▲]
このページのトップへ