撮影した映像から気に入ったシーンを静止画にする方法(iVIS HF G10 / HF G20)



撮影した映像から気に入ったシーンを静止画にする方法(iVIS HF G10 / HF G20)
更新日 : 2013年2月15日
文書番号 : Q000061595



操作方法

撮影した映像から、気に入った場面を静止画として切りとれます。映像の中の1秒間を連続して静止画に切りとることもできます。記録される静止画のサイズは1920×1080です。

>ボタンを押して、見るモードにします。


1-2. 上下にドラッグして、[あとからフォト]をタッチします。

1-3. [単写]または[連写]をタッチします。

2. []をタッチして、メニューを閉じます。


2. 静止画を切りとる位置で再生一時停止します。
再生中に画面上をタッチすると操作ボタンが表示されるので、[]をタッチします。

3. 静止画を切りとります。
  • [単写]を選んだとき:[]をタッチします。
  • [連写]を選んだとき:[]をタッチし続けると、コマ送りをしながら静止画を記録します。

重要
Eye-Fiカードをカードスロット に入れて記録先に設定した場合、静止画を切り取ると、通信が可能であれば自動的にアップロードが開始されます。Eye-Fiカードを使うときは、その国や地域での使用が認められているかを必ずご確認ください。
メモ
  • 切りとった静止画の撮影日時は、元の動画を撮影したときの日付と時刻が設定されます。
  • 動きの速い映像を静止画として切りとると、ブレた静止画になることがあります。
  • 静止画は、メニューの「静止画記録」で記録先として選んだメモリーに記録されます。
 
連写のとき
  • 最大100枚まで記録できます。
  • 連写中、次のシーンに切り換わると連写が止まります。
  • 約1/30秒ごとにコマ送りをしながら記録します。メニューの「フレームレート」を「PF24」または「24P」に設定して撮影した動画の場合は、約1/24秒ごとのコマ送りになります。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS HF G20 / iVIS HF G10

 

[TOP▲]
このページのトップへ