記録メモリーの切り替え方法 (iVIS HF G10 / HF G20)



記録メモリーの切り替え方法 (iVIS HF G10 / HF G20)
更新日 : 2013年2月15日
文書番号 : Q000061625



操作方法

動画や静止画の記録先を選択します。
重要
お使いの機種によって、表示される画面や設定項目が異なる場合があります。

1. ビデオカメラのモードスイッチを<M>または<CINEMA>モードにします。

2. ビデオカメラの電源を入れ、撮るモードにします。

3. []をタッチします。

4. []をタッチします。

5. []をタッチします。

6. 上下にドラッグして[動画記録]をオレンジ色のバーに合わせ、 ボタンをタッチします。

7. [ ] (内蔵メモリー) または [ ] (カードA)、[ ] (カードB) をタッチします。

8. [ ] をタッチして、メニューを閉じます。

] (内蔵メモリー) または [ ] (カードA)選択時には [ リレー記録 ] が選べます。
リレー記録とは、内蔵メモリーがいっぱいになったときに、自動的に記録先をカードに切り換える機能のことです。詳しくは、関連情報をご参照ください。
メモ
  • 撮影した動画をビデオカメラで変換して、標準画質のDVDを作成したりWebアップロードを行ったりするときは、動画の記録先を内蔵メモリーまたはカードAに設定して撮影してください。
  • メモリー選択画面で、[動画撮影可能時間 / 静止画記録可能枚数の目安]* を確認できます。
* 現在設定している動画の録画モードや静止画のサイズ(1920x1080)をもとに算出。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS HF G20 / iVIS HF G10

 

[TOP▲]
このページのトップへ