動画をパソコンに保存したい(XA10)



動画をパソコンに保存したい(XA10)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000061649



詳細情報

付属の動画用ソフトウェアTransfer Utilityを使って、ビデオカメラの内蔵メモリーやSDメモリーカード*1に記録された動画をパソコン*2に保存することができます。
*1 SDXCメモリーカードをご使用の場合は、 SDXCカードをお使いになるときは をあらかじめご確認ください。
*2 Windowsのみ。動作環境は アプリケーション動作環境 をご覧ください。

メモ
付属の動画用ソフトウェア(Transfer Utility)をインストールしていないときは、はじめにソフトウェアのインストールが必要です。インストールについては、 PIXELA Transfer Utility をインストールする方法(XA10) をご覧ください。

1. ビデオカメラにコンパクトパワーアダプターをつなぎます。


2. ビデオカメラの<>を押して、見るモードにします。
(動画のインデックス画面に切り換えます。)


3. 付属のUSBケーブルでビデオカメラとパソコンをつなぎます。
パソコンの画面にTransfer Utilityの起動画面が出ます。
メモ
「接続するメモリーを選択してください」が出たとき、「すべて(パソコン)」をタッチします。


4. Transfer Utilityを操作してパソコンに保存します。
画面の指示に従って操作します。
手順など詳細については、 PIXELA Transfer Utility で記録した映像をパソコンに取り込む方法(XA10) をご覧ください。

重要
  • パソコンに接続しているときは次のことを必ず守ってください。
    - カードカバーを開けない。
    - カードを抜き差ししない。
    - パソコンからビデオカメラのメモリー内のフォルダーやファイルを直接操作しない。記録したデータが破損する恐れがあります。映像データをパソコンに保存したり、ビデオカメラに書き戻したりするときは、付属の動画用ソフトウェアTransfer Utilityを使って行ってください。
  • ビデオカメラのACCESSランプが点滅している間は、次のことを必ず守ってください。データが破損することがあります。
    - カードカバーを開けない。
    - USBケーブルを抜かない。
    - ビデオカメラやパソコンの電源を切らない。
    - モードスイッチや<>ボタンを操作しない。
  • パソコンに保存した映像をビデオカメラに書き戻しているときは、次のことを必ず守ってください。ビデオカメラに再生できないシーンが残ることがあります。
    - USBケーブルを抜かない。
    - ビデオカメラやパソコンの電源を切らない。
  • 使用するソフトウェア、パソコンの仕様/設定などによっては、正しく動作しないことがあります。
メモ
  • パソコンの説明書もあわせてご覧ください。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

XA10

 

[TOP▲]
このページのトップへ