無線ネットワークの用語説明



無線ネットワークの用語説明
更新日 : 2016年2月23日
文書番号 : Q000066353



詳細情報

「無線ネットワーク」の説明で使われている用語をまとめました。
無線関連の名称や略語の意味を知りたいときにご覧ください。
用語説明
AD HOC(アドホック)接続無線LANに接続する接続方式のひとつ。無線親機(アクセスポイント)を経由せずに、機器同士が直接通信する。
暗号化キーWi-Fi通信の暗号化方式を設定するのに必要なパスワード。任意の文字列を設定できる。設定可能な文字や文字数は、暗号化方式によって異なる。
暗号化方式Wi-Fi通信を暗号化するための方式。暗号化強度が高い順に「WPA2-PSK AES / WPA-PSK AES」、「WPA2-PSK TKIP / WPA-PSK TKIP」、「WEP」となる。
インフラストラクチャー接続無線LANに接続する接続方式のひとつ。無線親機(アクセスポイント)経由して、機器同士が通信をする。
サブネットマスクIPアドレスのネットワークアドレスとホストアドレスを識別するとき、IPアドレスからネットワークアドレスを求めるための数値。
ステルス機能無線親機(アクセスポイント)などのSSIDを他の機器から見えないようにする機能のこと。ネットワークへの接続を許可していない機器からの接続を防ぐために設定する。
代替DNSサーバー
優先DNSサーバー
パソコンのドメイン名をIPアドレスに変換するサーバーのこと。
DNS:Domain NameSystemの略。
デフォルトゲートウェイ使用しているネットワークから、外部のネットワーク(インターネットなど)へ接続する際に、ネットワーク同士をつなぐ出入口となる機器のこと。
DHCPサーバー自動でIPアドレスを振り分けるサーバー。
DHCP:Dynamic Host Configuration Protocolの略。
DLNA家庭内LAN環境を使用して、デジタル機器やパソコンなどを相互に接続するしくみ。
Digital Living Network Allianceの略。
DMS
(デジタルメディアサーバー)
動画や写真、音楽などを、ネットワークを通じてテレビやゲーム機などに配信する機能。
Digital Media Serverの略。
DMP
(デジタルメディアプレーヤー)
動画や写真、音楽などを、テレビやゲーム機などからネットワークを通じて検索・再生する機能。
Digital Media Playerの略。
FTPサーバーFTPを使用してファイルの送受信を行うサーバーのこと。
FTP:File Transfer Protocolの略。
IPアドレスネットワークに接続されたパソコンや通信機器1台ずつに割り振られる識別番号(4組の数列*)のこと。* IPv4アドレスの場合。
NASネットワーク経由で接続できる記録機器のこと。主な例としてはハードディスクなど。DLNA対応機器の場合、DMSとしても使用可能。
NAS:Network Attached Storageの略。
LANオフィスや家庭などに構成される、パソコンや通信機器同士をつなぐネットワーク。
Local Area Networkの略。
PINコード機器を識別するための認証パスワードのこと。
PIN:Personal Identification Numberの略。
SSID無線親機(アクセスポイント)を識別するための番号のこと。無線LAN内での混信を避けるために使用され、任意の英数字(最大32文字まで)を設定できる。
Service Set Identifierの略。
Wi-Fi(ワイファイ)Wi-Fi Allianceによって認証された、無線LAN機器同士の接続方式の名称。
Wireless Fidelityの略。
WPS無線親機(アクセスポイント)のWi-Fi接続やセキュリティの設定を容易に行うための規格。プッシュボタン方式とPINコード方式がある。
Wi-Fi Protected Setupの略。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS mini X / iVIS mini / iVIS HF G40 / iVIS HF M52 / iVIS HF R72 / iVIS HF R700 / iVIS HF R62 / iVIS HF R52 / iVIS HF R42 / iVIS HF R32 / iVIS HF R30 / XA35 / XA30 / XA25 / XA20

 

[TOP▲]
このページのトップへ