DLNA機器で再生する方法(iVIS HF M52 / HF R30 / HF R32)



DLNA機器で再生する方法(iVIS HF M52 / HF R30 / HF R32)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000066354



操作方法

ビデオカメラのDMS(デジタルメディアサーバー)機能を使うと、 DLNA 対応テレビなど、DMP(デジタルメディアプレーヤー)機能を備える機器へ映像を送ることができます。DLNA機器からビデオカメラに記録された動画や静止画を検索して再生*できます。
* 多くのDLNA機器は、MP4動画の再生に対応していません。
メモ
あらかじめ、ビデオカメラと無線LANを接続するための設定が必要です。設定方法は以下をご確認ください。
- お持ちの無線LANがWPSに対応している場合
- 手動で設定する場合
注意
  • カードカバーが完全に閉じていないと、[DLNAメディアサーバー]を選択できません。また、Wi-Fi接続中は、カードカバーを開けないでください。
  • 無線親機(アクセスポイント)の性能や設定、通信状態によっては、再生までの時間が長くなることや、スムーズに動画が再生されないことがあります。その場合は以下の対応をお試しください。
- ビデオカメラと無線親機(アクセスポイント)の間に障害物を置かない。
- ビデオカメラと無線親機(アクセスポイント)を近づける。
- 接続しているDLNA対応機器以外の無線機器(Wi-Fi機器、Bluetooth機器など)の通信を切る。
- 無線親機(アクセスポイント)の通信を、IEEE802.11nに切り換え、チャネルボンディング(デュアルチャネル/倍速モードなど)を設定する。
 
なお、上記の対応を行っても、状況が改善されない場合は、周囲の環境による原因が考えられますので、付属のHDMIケーブルを接続して再生してください。


DLNA対応テレビなど、家庭内LANに接続された、デジタルメディアプレーヤー(DMP) 機能を備える機器が使用できます。DLNA 認証については、お使いの機器のDLNA 認定ロゴをご確認ください。また、無線親機(アクセスポイント)との接続には LANケーブルの使用をおすすめします。なお、DLNA機器と無線親機の接続については、お使いのDLNA機器および無線親機(アクセスポイント)の説明書をあらかじめご覧ください。


2. ビデオカメラの<HOME>を押します。


3. [Wi-Fi]をタッチします。


4. [DLNAメディアサーバー]をタッチします。


5. 接続先を選択します。
5-1. 接続先を選び[OK]をタッチします。

・DMS機能による接続が始まり、接続が完了すると「動作中」が表示される
・接続先が1つしか設定されていない場合は、すぐにDMS機能の接続が始まる


5-2. DLNA対応機器に表示されるサーバーの一覧から、ご使用のビデオカメラの名前を選び、表示されるフォルダー(内蔵メモリーまたはカード)の動画を再生します。

再生を止めるときは、DLNA対応機器の再生を停止してから、ビデオカメラの画面で[終了]をタッチします。Wi-Fi接続が終了し、インデックス画面に戻ります。

参考
  • 動画がスムーズに再生されないときは
動画がスムーズに再生されないときは、[DLNAメディアサーバー]で[AVCHD→SD変換]の設定を「入」にしてください。SD動画(標準画質/ MPEG2形式)で再生されます。
 
1. 手順1〜3の操作を行います。
 
2. 手順4の画面で[]をタッチします。
 
3.[入]−>[]をタッチします。
 
4.[DLNAメディアサーバー]をタッチして、接続先を選びます。
  • AVCHD動画のまま再生したいときは、[DLNAメディアサーバー]の[]で[切]を選んでください。
  • AVCHD非対応のDLNA機器で再生する場合は、[DLNAメディアサーバー]の[]で[オート]または[切]を選んでください。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS HF M52 / iVIS HF R32 / iVIS HF R30

 

[TOP▲]
このページのトップへ