ハイビジョン画質の映像を標準画質に変換する際、変換後の容量はどのくらいになりますか?(iVIS HF M51 / HF M52 / HF R30 / HF R31 / HF R32)



ハイビジョン画質の映像を標準画質に変換する際、変換後の容量はどのくらいになりますか?(iVIS HF M51 / HF M52 / HF R30 / HF R31 / HF R32)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000066365



詳細情報


1時間の映像を標準画質に変換したときの容量の目安
録画モードハイビジョン画質の容量(変換前)標準画質への変換後の容量
MPEG2 / SD-VIDEO
9Mbps3Mbps
MXP (24Mbps)12GB4.2GB2.0GB 
FXP (17Mbps)8GB
XP+ (12Mbps)6GB
SP (7Mbps)3.5GB
LP (5Mbps)2.7GB

* SPモードやLPモードで撮影した画像を9Mbpsで変換すると、変換前のファイルより容量が大きくなります。

メモ
  • 3時間の映像を標準画質に変換した場合の容量の目安は、表の値の3倍になります。
  • 時間あたりの容量は撮影するシーンによって変化します。用意するSDメモリーカードの空き容量は目安より1.5倍程度の余裕をもつことをおすすめします。


標準画質に変換する際に必要な容量
変換後の容量の目安

変換の手順についてはビデオカメラに付属の使用説明書をご参照ください。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS HF M52 / iVIS HF M51 / iVIS HF R32 / iVIS HF R31 / iVIS HF R30

 

[TOP▲]
このページのトップへ