録画モードの種類と設定変更方法(iVIS HF R52)



録画モードの種類と設定変更方法(iVIS HF R52)
更新日 : 2014年1月30日
文書番号 : Q000077025



操作方法


メモ
  • 60Pでは映像を60コマ/秒で撮影して、記録します。bps(ビットレート)とは、1秒間に記録される映像データの情報量のことです。35Mbpsを選ぶと、60Pで記録されます。
  • お使いのスマートフォンや機器によっては再生できない場合があります。
  • 60P、MXPモードの動画を使って、AVCHD規格のDVDを作成することはできません。AVCHD Ver.2.0に準拠したBD(ブルーレイディスク)レコーダーへのダビングはできます。
  • 録画時間は撮影する被写体によって変化します。被写体に合わせて自動で画質を調整するVBR(Variable BitRate)方式を採用しているためです。
  • 以下のMP4形式のシーンは、他の機器では複数のファイルとして認識されます。
- データ容量が4GBを超えるもの。
- 録画モードが35Mbpsで30分以上のもの、または35Mbps以外で1時間以上のもの。

参考
  • 60P、35Mbpsについて
- 60Pや35Mbpsで記録した動画はテレビによっては再生できない場合があります。
- 60Pや35Mbpsにしているときは同時記録、デコレーションやフェーダーを使用できません。
- 撮影モードを [シネマ]にしているときは60Pや35Mbpsに設定できません。[ベビーモード]では60Pに設定できません。



1. ビデオカメラの電源を入れます。

2. [ をタッチします。

3. 液晶画面を左右にドラッグして、[記録設定]を中央にしてタッチします。

4. [録画モード]をタッチします。

5. 設定する録画モードをタッチします。

参考
録画モードの詳細を表示するときは[i]をタッチします。
録画モードの詳細が表示されます。

6. []をタッチします。

7. []をタッチして[記録設定]画面を閉じます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS HF R52

 

[TOP▲]
このページのトップへ