3D撮影のアシストとしてどのような機能がありますか?(XF300/XF305)



3D撮影のアシストとしてどのような機能がありますか?(XF300/XF305)
更新日 : 2014年8月19日
文書番号 : Q000078589



詳細情報

XF300/XF305を2台使用して3D撮影を行う際のアシスト機能として、光軸調整/焦点距離ガイドを搭載しています。


1. ビデオカメラの<POWER>スイッチを<CAMERA>側にスライドさせます。

2. <MENU>ボタンを押してメニューを表示させます。

3. 光軸調整を選択します。
ジョイスティックまたは<SELECT>ダイヤルを使って設定するメニューを選択し、<SET>ボタンで確定します。

3-1. [カメラ 設定]メニュー →[光軸調整]→[動作]の順に選びます。

3-2. [入]を選び、<SET>ボタンを押します。

3-3. 画面に が表示されます。

4. 光軸を調整します。
4-1.[カメラ 設定]メニュー→[光軸調整]→[調整]の順に選びます。

4-2. 光軸調整画面になり、画面調整方向を示す4つの矢印が表示されます。
ジョイスティックを上下左右に押すか、リモコンで操作して調整します。
メモ
  • 移動限界位置に達すると、画面上の矢印が灰色になります。
  • 右下の座標表示で、可動範囲内のレンズの現在位置を確認できます。

4-3. <SET>ボタンを押すと、調整位置が確定されます。
参考
  • 調整を中止するときは、4-3で<CANCEL>ボタンを押します。
  • 矢印の色を変えるときは、[カメラ設定]メニュー → [光軸調整] → [GUI色]の順に選び、[イエロー]または[グリーン]を選び<SET>ボタンを押します。
  • 設定した光軸調整をリセットするときは、[カメラ設定]メニュー → [光軸調整] → [リセット] → [OK]の順に選び、<SET>ボタンを押すと、レンズの位置が可動範囲の中心に戻ります。

メモ
  • レンズの可動範囲はズーム位置によって変わります。
  • レンズの移動量を大きくすると、ズーム動作時に画像の中心のずれが大きくなります。テレ端で目印となる被写体と画面の中心を合わせ、ワイド端で光軸調整機能を使用して両者のずれを補正することによって、画像の中心のずれを軽減することができます。


1. 2台のカメラを設置します。
  • 2台のカメラを並行に並べて設置します。
  • 2台のカメラの画角を、ズームのテレ側で合わます。

2. 焦点距離ガイドの基準ズーム位置を設定します。
2-1. <MENU>ボタンを押します。

2-2. [カメラ設定]メニュー → [Zoom] → [焦点距離ガイド]の順に選びます。

2-3. [0セット] を選び、<SET>ボタンを押します。

2-4. <MENU>ボタンを押します。
画面に「 ±0」(焦点距離ガイド)が表示されます。
参考
焦点距離ガイド表示を消すときは、2-3で[切]を選び、<SET>ボタンを押します。

3. ズーム位置を変えます。
  • 2台のカメラのズームを操作します。
  • 焦点距離ガイドの値を2台のカメラで合わせると、2台のカメラの焦点距離をほぼ同じにすることができます。
メモ
  • 焦点距離ガイドは3D撮影アシスト機能です。撮影時は目視による画角の確認も合わせて行ってください。
  • 基準ズーム位置をズームのテレ側で設定すると、焦点距離ガイドをより正確に表示できます。
  • 本機能によって2台のビデオカメラの画角が一致することを保証するものではありません。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

XF305 / XF300

 

[TOP▲]
このページのトップへ