CFカードのクリップをパソコンに取り込む方法は?(XF205)



CFカードのクリップをパソコンに取り込む方法は?(XF205)
更新日 : 2014年8月19日
文書番号 : Q000079014



操作方法

Canon XF Utility を使い、CF カード内のクリップをパソコンに取り込みます。クリップの取り込みには、CF カードの全クリップをまとめて取り込む方法と、選んだクリップのみを取り込む方法とがあります。複数のCF カードを選んで、まとめてバックアップを作成することもできます。また、XF Utility がCF カードを検出したときに、CF カードに記録されているクリップを自動的にバックアップ(オートバックアップ)することもできます。

ここでは、Mac OS X を使用している場合について説明していますが、Windows 8 / 8.1、Windows 7 を使用している場合についても同様の手順になります。


2. CF カードをパソコンに接続したカードリーダーのスロットに入れます。Canon XF Utility がCF カードを認識すると、自動的にメディアエリアに表示します*。
* CF カードがビデオカメラ本体で初期化され、所定のフォルダー構造がある場合。



1. Canon XF Utility メニューの[ 環境設定... ]を選択します。
環境設定ダイアログが表示されます。

2. バックアップフォルダーを選択します( )。

3. バックアップフォルダーの保存先を設定します( )。
操作2 で選んだバックアップフォルダーの保存先を設定します。
参考
(Windows パソコンの場合、メディアバックアップの保存先は、ツールメニューの[ ユーザー設定... ]で変更できます。)

4.「OK」ボタンをクリックします。(
設定に応じて、 (バックアップ保存先選択状態)の有効/無効の表示が切り換わります。


5. メディアエリアで、バックアップを作成するCF カードを選択します( )。

6. [ BACKUP ](メディアバックアップ作成)ボタンをクリックします( )。ファイルメニューの[メディアバックアップ作成]からバックアップを作成することもできます。

7. 過去にバックアップしたことがあるCF カードを選択したときは、バックアップのしかたを選びます。

[すべてバックアップ]:CF カード内のすべてのクリップをバックアップします。
[差分をバックアップ]:バックアップしたことがないクリップのみをバックアップします。

8. [はい]をクリックします。
  • 仮想メディアが自動的に作成され、選択したメディア内のクリップがパソコンにバックアップされます( )。
  • 操作7 で[差分をバックアップ]を選んだときは、過去にバックアップを行った仮想メディアがバックアップ先になります。
  • バックアップを中止するときは、[キャンセル]をクリックします。
  • バックアップが終了すると、バックアップ先の仮想メディア名*を表示した、完了ダイアログが表示されます。
*仮想メディア名は、バックアップを作成した日時(「年月日時分秒」)からなる文字列が自動的に設定されます。

9. [OK]をクリックします。

メモ
  • 仮想メディア名は、あとで変更できます。*
  • パソコンの性能やCF カードの転送速度などの使用環境によっては、取り込みに時間がかかることがあります。
* 変更方法は、Canon XF Utility の使用説明書をご参照ください。


1. 必要に応じて、取り込み先の仮想メディアを作成します。*
* 作成方法は、Canon XF Utility の使用説明書をご参照ください。

2. メディアエリアで、取り込み元のメディアを選択します( )。
複数のCF カードを選択することができます。

3. クリップエリアで、取り込みたいクリップをクリックして選択します( )。

  • クリップを追加選択するとき
キーを押しながら追加選択したいクリップをクリックします。
(Windows パソコンの場合は、Ctrl キーを押しながら追加選択したいクリップをクリックします。)
  • 特定の範囲のクリップをまとめて選択するとき
先頭(または末尾)のクリップを選択し、shift キーを押しながら、末尾(または先頭)のクリップをクリックします。
  • すべてのクリップを選択するとき
編集メニューの[すべて選択]を選びます。

4. 選択したクリップをドラッグして、メディアエリア上の取り込み先仮想メディアにドロップします( )。
  • 選択したクリップがドロップした仮想メディアにコピーされます。
  • コピーを中止するときは、[キャンセル]をクリックします。

メモ
パソコンの性能やCF カードの転送速度などの使用環境によっては、取り込みに時間がかかることがあります。


1. Canon XF Utility メニューの[ 環境設定...] を選択します。
環境設定ダイアログが表示されます。

2. 必要に応じて、バックアップフォルダーと保存先を設定します。

3. オートバックアップの設定を選択します( )。
[すべてのメディア]:検出したCF カードをすべてバックアップします。
[フルオートのクリップを含むメディアのみ]:検出したCF カードの内、フルオートモードで撮影したクリップを含むCF カードのみバックアップします。
[しない]:オートバックアップを行いません。

4. 必要に応じて、[案内メッセージを表示する]のチェックを外します( )。
チェックを外すと、[オートバックアップ]を[しない]に設定していてCF カード検出したときの案内メッセージが表示されなくなります。

5. [OK]をクリックします( )。
設定に応じて、メディアエリアの[AUTO](オートバックアップ設定状態)と(バックアップ保存先選択状態)の有効/無効の表示が切り換わります。

6. CF カードまたはビデオカメラをパソコンに接続します。

7. 過去にバックアップしたことがあるCF カードを選択したときは、バックアップのしかたを選びます。
[すべてバックアップ]:CF カード内のすべてのクリップをバックアップします。
[差分をバックアップ]:バックアップしたことがないクリップのみをバックアップします。

8. [はい]をクリックします。
仮想メディアが自動的に作成され、選択したメディア内のクリップがパソコンにバックアップされます( )。
操作7 で[差分をバックアップ]を選んだときは、過去にバックアップを行った仮想メディアがバックアップ先になります。
バックアップを中止するときは、[キャンセル]をクリックします。
バックアップが終了すると、バックアップ先の仮想メディア名*を表示した、完了ダイアログが表示されます。
*仮想メディア名は、バックアップを作成した日時(「年月日時分秒」)からなる文字列が自動的に設定されます。

9.[OK]をクリックします。
メモ
[オートバックアップ]を[しない]以外に設定した場合、指定したCF カードを検出すると、自動的にクリップのバックアップが行われます。[バックアップフォルダー選択]で[両方のフォルダー]を選んだときは、フォルダーA、フォルダーB の順で順次バックアップが行われます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

XF205

 

[TOP▲]
このページのトップへ